NHKドラマ『きれいのくに』最終回に唖然…意味不明なラストに戸惑いの声

NHKドラマ『きれいのくに』最終回に唖然…意味不明なラストに戸惑いの声 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

5月31日、連続ドラマ『きれいのくに』(NHK)が最終回を迎えた。物語の結末をめぐって、視聴者からは「どういうこと?」と、どよめきが起きている。

物語の舞台は、美容整形が大流行したあとの日本で、大人たちはほとんどが同じ顔に。そして、美容整形が禁止された社会での、高校生たちの姿を描く〝青春ダークファンタジー〟となっている。

主に登場するのは、高校生の仲良しグループである誠也(青木柚)、凜(見上愛)、貴志(山脇辰哉)、中山(秋元龍太朗)、れいら(岡本夏美)の5人。大人の顔のほとんどは、男性が稲垣吾郎で女性が加藤ローサだ。

31日放送の最終回では、パパ活で貯めたお金で凜が〝裏整形〟と呼ばれる違法な整形手術に手を出そうとする。そんな中、凜はずっと想いを寄せ続けていた誠也から告白される。喜んで告白を受け入れるものの、凜の〝裏整形〟への想いは収まらない。

凜は「整形したら無理になる?」と聞き、誠也は「俺はそもそもブスだって思ってないよ」とフォローする。だが凜は「でもこれは私の問題だからな…」と悩み、ついに整形を決断。その場に誠也も同行してもらうことになった。

そして手術後、病室から出てきた凜は、どこが変わったのかわからないほどに変化がない。誠也は「いいと思うよ」「全然分かんないし」と安どした表情で凜を出迎え、凜は「でしょ。多分誰にも気付かれないと思う」と晴れやかな表情で答える。

物語最後のシーンでは、〝裏整形〟の禁止を呼びかけるアナウンス放送が鳴り響き、学生に職務質問する警察がいる街中を、浮かない顔の誠也と笑顔の凜が歩き、2人が画面の右・左にそれぞれ消えていく場面が映し出された。

「分からないまま終わってしまった」

この結末にネット上では、

《いまいち何を最終的に伝えたかったのかわからない》
《余韻や考察の余地を残すドラマだったな》
《最終回見たら色んな事が分かると思ったのに、分からないまま終わってしまった》
《何か意味があると思って最後まで観ていたけれど、わからなった》
《意味がわからなかった… 俳優さんたちはよかったけど》
《やはり意味不明の投げっぱなしの終わり方でありました》

など、戸惑う声が多くあがっている。

「物語前半は吉田羊が主人公として出演していましたが、それ以降は高校生役の5人がメインに。吉田、稲垣、加藤は脇役に徹し、民放ではできない挑戦的な作品となっていました。ドラマのコンセプトが〝誰しもが抱える容姿へのコンプレックスにまつわるジュブナイルSF〟ということから、最終回の肝は、凜が整形したことにあるのでしょう。変化がほとんどない整形シーンは、容姿のコンプレックスは他人から見ると気づかない程度のことだと表現しているのか。整形後の笑顔の凜と浮かない顔の誠也の対比は、整形手術で満足するのは本人だけということを表現しているのか、など、ネット上で議論が巻き起こっています」(芸能記者)

ぜひこのストーリーを、Eテレでわかりやすく解説してほしいものだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】