朝日奈央が“いるまPR大使”に就任! 夢を叶えるための秘訣も告白

朝日奈央が“いるまPR大使”に就任! 夢を叶えるための秘訣も告白 

(C)まいじつ

6月1日、埼玉県で『いるまPR大使任委嘱状交付式』が開催。いるまPR大使に起用されたタレント・朝日奈央が登壇し、入間市の魅力について語った。

いるまPR大使は、入間市の歴史、文化、自然などの特性を活かした魅力や観光情報などを広く発信し、入間市の知名度及びイメージアップを図ることが狙い。朝日は小学校3年生まで入間市で過ごしたことに加え、元気で明るいキャラとして幅広い世代に評価されていることが起用にいたった理由だという。

就任に対して朝日は、「この度、いるまPR大使に就任しました。小学3年生までいて、こういう形での就任にびっくりしています。入間の魅力を私なりに伝えられればと思います」とコメント。入間市のイメージについて聞かれると、「緑の街。茶畑やゴルフ場。緑あふれる街。都会からもすぐに電車で来られるので、遊びに来てほしいです」とアピールした。

また、入間市が主産地で、生産量、栽培面積も県下一を誇っている「狭山茶」の試飲も行われた。狭山茶を試飲した朝日は、「すごくうま味が出ていて、いままで飲んだことがない味です。こんな美味しいお茶を入れられるようになりたい」と、驚きの表情を見せた。

朝日奈央が“いるまPR大使”に就任! 夢を叶えるための秘訣も告白 

(C)まいじつ 

朝日奈央「常にプラスの思考で人生を歩むことが大切」

小学校2年生のときに参加した「わんぱく相撲入間大会」について聞かれると、「友人に誘ってもらいました。大会まで、公民館に行って、体調が悪くても優勝を目指して練習しました。その結果、優勝できたので良い思い出です。(体形は)だいぶキャシャで周りの友達も小さくて〝根性同士の戦い〟だったと思います」と振り返った。

夢を叶えるための秘訣については、「常に自分の夢が叶ったイメージを想像しています。常にプラスの思考で人生を歩む。嫌なことはすぐに忘れる感じです」と述べた。

最後に、「PR大使に就任は本当に思っていなかったので光栄ですが、背伸びしすぎずにPRできたらと思います。よろしくお願いします」と意気込み、イベントを締めくくった。

テレビで見ない日はないほど、第1線で活躍している朝日。これからもジャンルを問わず、新たな一面をのぞかせてほしいものだ。

【あわせて読みたい】