『東大王』山里亮太の“つぶやき”にザワつく視聴者「やめてほしいw」

『東大王』山里亮太の“つぶやき”にザワつく視聴者「やめてほしいw」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月2日放送の『東大王』(TBS系)で、MCの『南海キャンディーズ』山里亮太が『モーニング娘。』をやゆするような言葉を口にして視聴者を沸かせている。

番組では後半、出演者全員が参加する早押しクイズを展開。「数字から連想される偉人は?」とのひらめき問題で、「31→32→33→35」との文字が現れると東大王チームの後藤弘が先着し、直木三十五と答えて正解に。周囲は「すごっ!」「誰? 誰ですか?」などと驚いた。

後藤は自ら解答の理由を説明。「直木賞」で有名な作家・直木はペンネームを年齢に合わせて直木三十一、直木三十二などと変えていたという。なお、直木は「三十五」以降は改名せず43歳で生涯を終えている。

直木三十五の由来に「モー娘。みたい…」

後藤の説明に周囲は「初めて聞いた…」と驚いていたが、そんな中、山里はぼそりと「モーニング娘。みたい…」とつぶやいた。「モー娘。」も2014年から西暦に合わせてグループ名を改め、現在は「モーニング娘。’21」として活動している。

山里が即座に見せた「ツッコミ」を視聴者は聞き逃さなかったようだ。SNSでは山里の発言にザワついている。

《モーニング娘みたいって言ったの誰www》
《山ちゃんがめっちゃ小さい声で「モーニング娘。みたい…」って言ってた!》
《年を重ねるごとに名前を変えていた直木三十五について、山ちゃん「モーニング娘。みたい」》
《直木三十五の解説で「モーニング娘。みたい」って山ちゃんが言ってたの聞こえたよ。 私もそう思いました》
《東大王で直木三十五の問題で年齢に合わせてペンネームを変えていたという解説聞いて山ちゃんが「モーニング娘。みたいだ」って言ったですな》
《山里さん直木三十五のことをモーニング娘。みたいっていうのやめてほしいww》
《ボソッと言ったwww ’21とかつくからね、笑》

蒼井優との結婚後、ツッコミの切れ味が足りないとの声も出ている山里だが、まだまだサビ付いてはいないようだ。

【あわせて読みたい】