小川彩佳“離婚報道”の事実誤認とは? 否定コメントは好感度キープ狙いか

小川彩佳“離婚報道”の事実誤認とは? 否定コメントは好感度キープ狙いか 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

フリーアナウンサーの小川彩佳が6月2日、医療ベンチャー『メドレー』取締役で医師の夫・豊田剛一郎氏と離婚するとの一部報道をうけ、コメントを発表した。

小川はこの日、自身がメインキャスターを務める報道番組『NEWS23』(TBS系)を通して「事実誤認があります」とコメント。同局は「プライベートについては、従来、お答えしていません」としている。

小川は2019年7月に豊田氏と結婚。20年6月29日に『NEWS23』のツイッターで同週いっぱいでの産休入りを発表し、7月29日に第1子を出産した。しかし今年2月、週刊誌のスクープ速報で、豊田氏が小川の出産後も愛人と肉体関係を続け、緊急事態宣言中も逢瀬を重ねていたことが発覚。現在は、お互いが代理人を立てて話し合いを進めており、離婚することでほぼ合意しているという。

「豊田氏は『メドレー』の株を大量に保有していて、その額は約150億円とも言われています。同社は小川との結婚後に上場し、豊田氏が所有する株の時価は100億円近く上昇しています。もし離婚になれば、〝財産分与〟でかなりの金額が小川の懐に入ることになるでしょう。一部週刊誌の報道では10億円ともいわれていますね。小川は離婚する可能性が高いでしょうから、〝事実誤認〟というのは、恐らく金額のことでしょう。本人はイメージ的にも『そこまで高額ではない』と言いたいのだと思います」(芸能記者)

小川彩佳の“報道否定”は自分のイメージのため?

なんとも歯切れの悪い中途半端な小川のコメントに、ネット上では

《事実誤認と言っているのは財産分与のことでしょうね。それにしてもなんでTBSがコメント出してるの? きちんと自分の口で言えばいいのに》
《小川アナもステータスと経済力で結婚相手を選んだのだから、この結果は仕方がないよね。ていうか、報道番組のメインキャスターがコメントを発表するのなら、「何が事実誤認に該当するのか?」を明示すべきだと思う》
《中途半端なコメントを出すくらいなら「黙っていてくれ」と言いたい》
《マスコミって人のプライベートは踏み込むけど、アナウンサーをタレント化して、不祥事が起きたら「プライベートに関する事柄となりますので、回答を差し控えさせていただきます」って…。テレビ局の逃げだなと思う》
《正直プライベートのことなどどうでもいいし関心ないので彼女を擁護する気ないし、離婚で揉めてるような人をTVでみたくない》

などと、批判の声が広がっている。

小川はもともとプライドが高く、夫の不倫を許すつもりはなく、最初から巨額の慰謝料と養育費を請求する決意を固めていたと言われている。今回、離婚報道を一部否定したのは、世間から〝銭ゲバ〟扱いされることを危惧したというのが本当のところなのだろうか。

【あわせて読みたい】