菅田将暉『ミステリと言う勿れ』に賛否! フジテレビの改悪を心配する漫画ファン

菅田将暉『ミステリと言う勿れ』に賛否! フジテレビの改悪を心配する漫画ファン 

(C)まいじつ

俳優の菅田将暉が、2022年1月スタートの月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)で主演を務めることが分かり、ネット上で賛否の声があがっている。

同ドラマの原作は漫画家・田村由美の同名漫画。原作コミックは2002年から17年まで『別冊少女コミック』で連載され、累計発行部数800万部を突破している人気作だ。漫画ファンの間では、以前から実写化を求める声があがっており、主人公の探偵・久能整役を誰が演じるのか、さまざなな意見が寄せられていた。しかし今回、菅田将暉が演じることが発表されたことで、早くも賛否両論が巻き起こっている。

実際にネット上では、

《いつか実写化してほしいと思ってたから超うれしい。しかも菅田将暉が主役って最高!》
《菅田将暉が整くん役か。売れっ子だし妥当かも》
《今ハマって読んでるけど、絶対ドラマ化すると思ってたから嬉しい! でも整くんは絶対渡部豪太君がよかった…》
《ミステリと言う勿れ、菅田くんかぁ。渡部豪太じゃないのね… 残念》
《アフロの菅田くんだと凛々しくなりすぎてしまうような気がする。実写化するなら坂口健太郎くん一択だと思って読んでたんだけど》
《菅田くんのイメージじゃないんだよな…。この作品のキャラクターはそれぞれ個性的な独自の雰囲気を持っているから、よくある原作にないキャラをテレビ版用に作ったりせず作品の雰囲気を忠実にドラマ化して欲しい》

などといった意見が寄せられている。

フジテレビの“改悪”で大不評だった月9はほかにも…

「実写化にあたっては、映像化の権利を求めて一時、版元の小学館に問い合わせが殺到しましたが、結局、フジテレビが獲得しました。同局の看板だった月9ということで、知名度や人気の高さから菅田が選ばれたのでしょうね。もっとも、原作ファンからは必ずしも賛同の声ばかりではありません。主人公がアフロヘアーなことから、俳優の渡部豪太や岡田将生をイメージするファンも多いようです。また、原作自体のクオリティーが高いことから、フジテレビよりもドラマ制作に定評のあるNHKやTBSで放送してもらいたかったという声も多いようです」(エンタメ誌記者)

月9は、18年1月から放送された芳根京子主演の『海月姫』で、〝女装美男子〟の瀬戸康史と〝童貞エリート〟の工藤阿須加の関係が〝弟と兄〟だったにもかかわらず、〝兄と弟〟に改変。原作ファンからは、《世界一いらない改変》《童貞エリートという設定は兄だから面白かったのに、なにもわかってない》などと、大ブーイングが巻き起こっていた。

「ミステリと言う勿れ」も改変がなければいいのだが…。

【あわせて読みたい】