綾野剛に心底同情…『恋はDeepに』令和最低の“告白シーン”で総スカン!

綾野剛に心底同情…『恋はDeepに』令和最低の“告白シーン”で総スカン! 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

石原さとみと綾野剛のW主演ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の8話が、6月2日に放送された。ネット上では毎週のように、「つまらない」と話題になっている同作だが、第8話のつまらなさは視聴者の予想を遥かに超えてきたようだ。

同作は、海洋学者・渚海音(石原)とツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)のラブコメディー。海岸に巨大マリンリゾートを建設しようとする倫太郎だが、海音は魚たちの暮らしを守るため、リゾート開発チームに専門家として参加することになる。

第8話では、海音の経歴詐称がバレて、鴨居教授(橋本じゅん)が教授会で尋問されることに。鴨居は必死に海音をフォローするものの、海音の正体を聞かれると口ごもってしまう。するとそこへ、海音本人が登場。自分の口から説明するとして、本筋と全く関係ない海への愛を語り始めた。

もちろん海音の言葉は、海音が何者かという問いの答えにまったくなっていない。教授たちは再度「あなた一体何者ですか?」と海音に問う。

するとここで、今度は倫太郎が登場。「彼女は見ての通り人間ではありません」と、ついに海音の正体を明かしたと思いきや、「彼女と今一緒に働いてますが、とても同じ人間とは思えない。我々のリゾート計画を頭ごなしに反対するんですよ」と、いきなり演説を始める。

そして「誰よりも海を愛し、命のかけがえのなさを信じてるから! 生きるもの全てに優しさがあふれている! 好きな食べ物はワカメ。体温は低め。保湿しないとすぐ乾く。それが渚海音です! 俺はそんな渚海音が地上で一番大好きだ!」と、海音の正体はさて置き、大声で告白をしてみせた。

唖然とする教授たちに向かって倫太郎はさらに、「あとついでにもう1つ、高い所も苦手です。何か問題ありますか?」とドヤ顔を披露している。

「綾野剛に心底同情するわ」「なんの説明にもなってない」

このシーン、ドラマでは感動的なシーンのように大げさに演出され、鴨居教授室のメンバーは涙を流していたが、視聴者の反応は真逆。

《なんの説明にもなってないっつーの》
《大きい声と勢いでなんとかなる話じゃないから》
《こんなので誰が納得するんだよ》
《研究者たちにしたら「なに言ってんだコイツwww」って話だよね。お前の告白とかどうでもいいんだよ》
《なにこれダサすぎてビックリする》
《なんか感動のシーン風になってて草。綾野剛のドヤ顔も草》
《このセリフを言わされている綾野剛に心底同情するわ》
《私が俳優なら、この脚本おかしくないですか…と勇気出して監督にいいます》

など呆れ声が殺到した。

勢いだけでどうにかできるほど、視聴者の反応は甘くない。これは令和史に残る〝最低の告白シーン〟として語り継がれるだろう。

【あわせて読みたい】