「たっけぇわ!」Adoの“有料”ゲーム配信にガッカリするファンたち…

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

先日、人気歌手のAdoが、『ニコニコ生放送』でゲーム実況を開始。マルチに活動しているようだが、世間の反応は賛否両論のようだ。

Adoがはじめての放送で選んだゲームは、ゲーム実況界隈では定番の『Minecraft』。Adoは慣れない配信に緊張していた様子だったが、言葉数は多く、終始喋り倒していた印象だ。

また、ダウナーな喋り方とは裏腹に、想定外のことが起こった時のリアクションは意外と大きめ。ゲーム内に発生するゾンビと遭遇した際も、「怖い怖い怖い!」と叫びながら、きっちり剣で撃退していた。

自然体なAdoの声を聞ける配信に、ファンからは、

《かわいいAdoちゃんを見れたから満足》
《なんだか新鮮で楽しかった》
《今後も長く続けて欲しい!》
《テンションの上がり下がりが激しくて面白い》

といった絶賛の声が。また配信内ではAdoがアカペラで歌を披露する場面もあり、視聴者は大喜びだった。

有料放送であることにがっかりする人も…

ただ絶賛する視聴者だけではなく、

《ボソボソ声なのに突然叫ぶから耳が壊れる…》
《実況慣れしてないのがわかるくらい、腹から声出てないな》
《クラスの女オタクが喋ってるみたいでホンマに胸が痛くなる》

といった厳しい意見も。初のゲーム実況なので仕方ないのかもしれないが、確かに話している時とリアクションの時の声量の差が大きく、視聴者側の音量調整が難しい配信となってしまった。

また、初回以外はチャンネル会員限定の有料放送なので、「たっけぇわ!」と批判する人も。しかしファンと交流する場としてゲーム配信を始めたのなら、月額550円(税込)の会員限定の方が、都合は良いように思える。やはりAdoのような話題性のある人が無料で配信を公開すると、〝荒らし〟のような招かざる客が台無しにしてしまう恐れも。また「ニコニコ生放送」には申し訳ないが、そもそも配信で稼ごうとするのならYouTubeを選ぶべきだろう。

歌手であるはずのAdoによるゲーム実況を「餅は餅屋」という思想で叩く人も多いが、それはさすがに時代遅れと言わざるを得ない。アーティストのキャラクターや個性も、楽曲の魅力をより効果的に届けるためのエッセンスになるのではないだろうか。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】