麒麟・川島“共演NG指名”で現場に緊張!?『ラヴィット』不調で騒動に…

麒麟・川島“共演NG指名”で現場に緊張!?『ラヴィット』不調で騒動に… 

(C)まいじつ 

長年の芸歴を経て念願のMCを勝ち獲るも、スタートから低迷が指摘されている『麒麟』川島明の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)。数字上の苦戦が依然として続く中、早くも〝裏のゴタゴタ〟まで漏れ伝わってきた。

同番組の不調は他のバラエティーでも度々イジられているが、川島はこれを快く思っていない模様。5月16日放送のラジオ番組『川島明のねごと』(TBSラジオ)では、「『ラヴィット!』の低視聴率を叩く先輩が4人いる」「誰とは言いませんが、何があっても絶対に助けません! お前の番組も絶対に出ない!!」「自分の寝室の一番奥の、奥さんも知らないところのメモ帳に4人、書いてます!」など、冷静な芸風とは裏腹な怒りをあらわにした。

ここまでは笑えるエピソードだが、この発言で事態は急変。2週間後の30日、川島は同ラジオでこの件の続報について、「『ラヴィット!』の偉いさんが来て」とスタッフ上層部が動いたことを明かしたのだ。

「キャスティングから外す」と名前を聞きに…

川島は詳細について、「『ラヴィット!』をバカにした4人を許さないっておっしゃってましたけども、その4人っていうのは誰になるんでしょうか?って」「『申し訳ございませんが、その4人をキャスティングから外さないといけないので』って」と〝偉いさん〟の発言を暴露。うっかり漏らした一言だが、意外にも大事になってしまったことを告白した。

「ラジオ内の川島は続けて、『NGの人が来たらスタジオってどうなるのかってことになるので、事前に聞いていいですか?って言われて』と発言。スタッフが怒って4人を出禁にしたというより、川島の心境に忖度しての配慮だったようです。しかし、冗談交じりに誇張して言ったことが、これだけ話題になるとは、『ラヴィット!』スタッフも視聴率にはピリついているようですね。心当たりのある芸人は、『自分が4人の中に入っているかもしれない』とビクビクしているでしょう」(業界関係者)

嵐の船出だった1クール目が終わろうとしている「ラヴィット!」。2クール目以降は何かを掴めるといいのだが…。

【あわせて読みたい】