細田守『竜とそばかすの姫』主人公の声優に賛否!「本業声優を使ってほしい」

細田守『竜とそばかすの姫』主人公の声優に賛否!「本業声優を使ってほしい」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

先日、細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』の声優が発表され、俳優やアーティストばかり起用されていたことに批判の声が寄せられていた。そして6月2日に放送された『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)の中で、ついに主人公のキャストも明らかに。しかし今回の発表が、収束しつつあった〝声優議論〟に再び火を点ける結果となってしまったようだ。

細田監督といえば、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』を手掛けたアニメ映画界の重鎮。これまでも彼の作品では、数多くの有名俳優が声優を務めてきた。最新作の「竜とそばかすの姫」でも、成田凌、玉城ティナ、染谷将太といった若手の注目株が名を連ね、意外なところでは『YOASOBI』のボーカル・ikuraとして活躍中のアーティスト・幾田りらの名も。

成田ら脇を固めるキャストは5月7日に発表されていたが、今回「笑ってコラえて!」の中では、新たに同作の主人公・すず/ベルをシンガーソングライターの中村佳穂が務めると発表された。

芸能人声優に大激怒? 一方で好意的な意見も…

ちなみに中村は主人公の声優というだけでなく、本編で流れる楽曲を歌っている人物でもある。中村の起用にあたって細田監督は「彼女こそすず!」と太鼓判を押していたそうだが、ネット上では、

《プロの声優さんを使えよ。萎えるんだよ!》
《笑コラ見てたら細田守の密着の中で新作詳細出たけど、ごめん。玉城ティナだけはどうしても受け入れられん…》
《細田守監督の新しいヤツ予告編見る限りでは好きな内容っぽいんだけど、まーた声優じゃない人のせいで面白さ半減しそうで》
《声優に芸能人使うから、なんかなぁ~って思う! 本業声優を使ってほしい》

などのバッシングが続出。しかし一方で、

《声優全然イケてる佳穂ちゃんが凄いと思いました。あなたはどこまで行くんですか…》
《細田守の新作で声優務めた中村佳穂のアフレコの様子見たけど、ちょっとビックリするくらい上手い》
《中村佳穂が声優までやるのか。アフレコシーン流れてたけど、未経験なのが信じられないくらいうまくてビックリよ》
《主役の子の声優さんする中村佳穂さんって人の曲ワンフレーズ聴いただけで涙腺緩んじゃった。この人すごい》

などと好意的な意見も。

「有名人を声優に起用するアニメ映画といえば、やはりジブリ作品を思い浮かべる人が多いでしょう。『ハウルの動く城』の木村拓哉、『ゲド戦記』の岡田准一などの演技は、今でもアニメファンの間で熱い議論が交わされています。確かにアニメは声優の主戦場なので否定派の意見も分かりますが、有名人を起用すると、それだけで注目が集まるもの。普段はアニメを見ない層を取り込める可能性もあるので、この先も俳優やアーティストの声優起用がなくなることはないでしょう」(芸能ライター)

有名人を起用しなければ、スポンサーからお金が出ないといった理由もありそうだが、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、本業以外の声優をほとんど起用しなくとも大ヒットを記録した。タレントの声優起用に反発の声もあるが、実力があれば叩かれることはない。中村の声優業に期待したい。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】