山本舞香の“斬新ファッション”にツッコミ殺到!「見てるこっちが恥ずかしい」

山本舞香の“斬新ファッション”にツッコミ殺到!「見てるこっちが恥ずかしい」 

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

俳優でモデルの山本舞香が、5月31日に自身のインスタグラムを更新。斬新なファッションと美脚を見せつけ、ネット上で話題になっている。

山本はキックボクサーの晃貴選手と武尊選手にメンションをつけ、《@k1_koki おめでとう! @k1takeru もセコンドお疲れ様! 美味しいもん食べようね》というメッセージと共に2枚の写真を投稿した。

投稿を見た人の目を引いたのは、山本の前衛的なファッションだった。へそ出しの半袖にジーパンを合わせたコーディネートなのだが、ジーパンの股間に当たる部分がくり抜かれている。そして、くり抜かれて丸見えになっている部分からは、スパッツのような黒いインナーが見えていた。

ダメージという概念を超えたダメージデニム

何とも目のやり場に困る山本のファッションに対して、ネット上では、

《追い剥ぎスタイル》
《もっと色気のあるもの履けばいいのに》
《これがオシャレなんですと吹き込めばリアル裸の王様なれるね》
《子どもには見ちゃダメって言うかな。危ないひとにしか見えないよ》
《想像以上にダメージだったわ。最早ダメージというより、剥がされたといった方が…》
《衣服としての機能をもたず、ファッションとしても理解されにくいものを身につけて、どのような意味があるのかな?》
《見ているこっちが恥ずかしい。本人が履きたくて履いているのならいいけど…》
《もし好きな子とのデートでこれ履いてきたら… 個人的には好印象ではないな…》
《俺が履いても通報されるだけなのに》

などと厳しい声が続出していた。

ちなみに同じ投稿で山本は、前衛的すぎるジーパンを販売したファッションブランド『ponystone』にメンションをつけて《皆さんが気になってる私のデニムは@ponystone_official ですー》というメッセージも添えている。人々の注目を集めるという意味では、大成功のファッションだったのかもしれない。

一般人から見ると奇抜すぎるファッションだが、山本のセンスが高すぎて、一般人がついて行けないだけだろう。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】