日テレの看板“水曜ドラマ”超絶低迷!『恋はDeepに』も大コケで暗黒期へ…

日テレの看板“水曜ドラマ”超絶低迷!『恋はDeepに』も大コケで暗黒期へ… 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

民放各局には、それぞれ力を込めて看板ドラマを作っている枠がある。フジテレビは〝月9〟でおなじみの月曜21時。TBSは〝日曜劇場〟として知られる日曜21時。テレビ朝日は『ドクターX』『緊急取調室』など高視聴率ドラマを連発している木曜21時。そして、日本テレビは水曜22時枠だ。

一時期の大没落から復活した〝月9〟とは対照的に、人気が急降下しているのが日テレ水曜ドラマだ。

現在同枠で放送されているのは、石原さとみと綾野剛のW主演ドラマ『恋はDeepに』。トップ俳優2人の恋愛ドラマということもあって、放送前には今期一番と言っていいほどの多大な期待が寄せられていたが、結果は大爆死。稚拙な脚本とダサい演出のオンパレードで、今期最低どころか、〝令和最低ドラマ〟との声もあがっている。

視聴率王座・日テレの看板ドラマの大コケは意外に思えるかもしれないが、よくよく見返すと、実はここ数年、ずっと水曜ドラマはヒットを飛ばせていない。

2017年の『奥様は、取り扱い注意』が最後の輝き…

「『恋はDeepに』の前に放送されていたのは、菅野美穂と浜辺美波主演の『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』。脚本は大御所の北川悦吏子氏で、脇役も豊川悦司や沢村一樹など豪華な顔ぶれでしたが、結果は視聴者からボロクソに叩かれて爆死。期待値だけは高かった『恋はDeepに』とまったく同じ失敗でした」(芸能記者)

2020年には、吉高由里子の『知らなくていいコト』、波瑠の『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』、浜辺美波&横浜流星の『私たちはどうかしている』などが低空飛行でパッとせず。満を持して13年ぶりに続編が制作された篠原涼子の『ハケンの品格』は、脚本がヒドいと視聴者の期待を裏切る形に終わっていた。

「さかのぼると、ヒットといえる水曜ドラマは、2017年にまでさかのぼります。この年は、吉高由里子の『東京タラレバ娘』、高畑充希の『過保護のカホコ』、綾瀬はるかの『奥様は、取り扱い注意』がヒット。この三作は続編も制作されたほどで、今の水曜ドラマの勢いとはまるで違っています」(同・記者)

7月からは、戸田恵梨香と永野芽郁のダブル主演ドラマ『ハコヅメ ~たたかう! 交番女子~』が始まるが、名誉挽回できるだろうか。

【あわせて読みたい】