岡村隆史の失言が現実に?“コロナ不況女子”のサイトに賛否両論!

岡村隆史の失言が現実に?“コロナ不況女子”のサイトに賛否両論! 

(C)まいじつ 

6月5日に東京・五反田に『コロナ不況女子』というデリヘルがオープンし、ネット上で物議を醸している。

同店のウェブサイトトップページには〝五反田でお金に困った女の子を助けて下さる支援者様を募集します。女の子達があなたの助けを待っています〟と記されており、その横には膝を抱えて座っている女性の写真が添えられている。

在籍している女性については、〝店が閉店しバイトがクビになり支払いができなくなった学生〟〝ご主人の会社が倒産、リストラにあい家計を維持できなくなった人妻〟〝会社が倒産して給料が支払われず困っているOL〟〝イベントが全て中止になり収入が0になったアイドル〟などといった人たちを集めていると記載されている。

どうやら、コロナ禍で職を失った女性たちばかりを集めて営業しているようだが、〝社会問題〟に結びつける営業方針に、ネット上ではさまざまな声が相次いでいる。

実際には、

《風俗店ってその時々の流行りに乗っかった店名を付けるのなんてよくあることだし、多分しばらくしたら閉店して別名になってると思う》
《品のないやり方だな。そもそも多くの人が減収、失職等に悩んでいるわけで、女性だけが特別なわけじゃないだろ》
《公共広告機構っぽいパロディ演出でしょ? 従業員は人質を取られて強制労働させられているわけでも無く、労働に見合う対価が得られているのなら、特段問題はないと思うけど》
《これ、コロナうんぬん言い訳にしているけど、それ以前から存在する歪みがコロナによって顕在化しただけでしょ。そもそも、大学生が東京都下で、家賃の仕送りなく一人暮らしをするなんて、真っ当な手段ではかなり厳しいぞ》

などといった声あがっている。

岡村隆史の“過去の失言”に賛否両論

一方で、昨年『ナインティナイン』岡村隆史が自身のラジオ番組で〝デリヘル〟について言及していたことから

《一番やめてくれって思ってるのは、話を蒸し返された岡村さんだろうな。まぁ、結局現実化されてるけど、「絶対おもしろいこと」ではないからな》
《強制的にでなく自主的に働きに来てるんだったら需要と供給あって良いんじゃない? だから岡村の言ってたことはあってたんだよ》
《岡村さんの発言を糾弾だけして、社会全体がその現実には目を背けた結果だね。政治家だけでなく国民全員がこのような問題に向き合う必要があるのでは?》

などといった声も散見される。

「ネット上では批判が殺到しているようですが、そもそも、時勢を店名に流用するのは風俗店では良くあることで、《わざわざ目くじら立てるほどのことではない》という意見も多いですね。それよりも、昨年4月に深夜ラジオの生放送で『コロナが終息したら絶対面白いことあるんですよ。美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。短時間でお金を稼がないと苦しいですから』と発言し炎上した岡村が一番、ドキドキしているのではないでしょうか。やっと炎上が下火になったのに、『蒸し返すな!』と思っているかもしれませんね」(風俗ライター)

この店で働いている女性が本当にコロナ不況にあえいでいるかは定かではないが、いずれにしても、生活困窮者が増えているのは事実。1日も早く新型コロナが終息する日がくることを祈りたい。

【あわせて読みたい】