都会人は“餅まき”を知らない!『ツマミになる話』松本人志の言葉に驚き

都会人は“餅まき”を知らない!『ツマミになる話』松本人志の言葉に驚き 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月4日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で取り上げられた議題が、地域によって反応が大きく異なっているようだ。

この日は話の流れで、『平成ノブシコブシ』の徳井健太が、「お笑いと音楽が2強だと思うんですが、『最強のエンタメ』ってなんだと思いますか?」と出演者たちに問いかけた。すると松本人志はストリップだと意見する。エロだけじゃないストリップの魅力を力説し、「何度か観に行ったけど、これはやっぱりプロフェッショナルやな」と大絶賛。『千鳥』大悟も、ストリップを見て泣く人もいると補足して称賛した。

そんな大悟が『最強のエンタメ』としてあげたのは、近所の人の家が建った時の餅まき。子どもの頃の楽しかった記憶を語ったのだが、松本は「餅まき知らんもん」と首をかしげる。実はこの日の出演者では、ほかにもローランド、『MY FIRST STORY』のボーカル・Hiro、『NMB48』の渋谷凪咲なども餅まきを知らないらしく、大悟、ノブ、徳井の地方出身者しか共感していなかった。

コロナ禍で餅まきは消える?

思わぬところで地域格差が明らかになったことに、ネット上でも

《え!!餅まきって全国共通やないん?? わたしもよく餅まき行ってたよ。笑》
《餅まき 全国どこでもやってると思ってた》
《餅まきって全国的なイベントじゃなかったのか… うちの鳥取の実家ではやってました》
《餅まきって全国で誰しも経験するものだと思ってた…》
《「餅まき」って何?って松っちゃんが言ってて、衝撃的やった! 都会育ちの人は餅まき知らんらしい!!!!》
《酒のツマミになる話で、餅まきっていう風習初めて知った》
《餅まき。やったことないというかそういう行事があるの知らなかった…》

など意見が割れている。

近年は地方でも餅まきをすることが少なくなっているだけに、コロナ禍も合わさっていつか消えてしまう文化になるかもしれない…。

【あわせて読みたい】