柴咲コウ“丁寧な暮らし”が周囲に悪影響…「ドン引き案件」「余計なお節介」

柴咲コウ“丁寧な暮らし”が周囲に悪影響…「ドン引き案件」「余計なお節介」 

(C)まいじつ 

俳優・柴咲コウが6月6日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。独自の〝マイルール〟を明かしたが、ネット上では厳しい声があがっている。

この日、番組ではゲストの〝ちょっと変わったマイルール〟がVTRで紹介された。柴咲は「散らかっているのがとにかく許せない」といい、自身の会社が散らかっていると、休日の社員に連絡したうえで自ら掃除することや、友人の部屋が散らかっていれば1日かけて掃除することなど、〝欠かせないマイルール〟を明かしていった。

柴咲は特に部屋の掃除が大好きで、つねに整理整頓されていないと気が済まないという。そのエピソードの1つとして、友人宅に遊びに行った際、部屋が散らかっているとの理由で1日かけて1軒丸ごと大掃除したことを告白した。

整理整頓に関して柴咲は、「ものを探している時間もムダだと思うし、やっぱりものがなくなってまた同じものを買っちゃうっていうのも、もったいないと思っちゃうから、どこにものがあるか把握している方がいい」とコメント。〝マイルール〟を赤裸々に語る柴咲に、MCの東野幸治は「何も間違っていないけど、ちょっと責められている感じが…」と苦笑いしていた。

“胡散臭さ”が加速する柴咲コウ

このエピソードに、ネット上では

《前からこんな神経質だったっけ? 印象変わったな》
《友人からしたら勝手に片付けされてドン引き案件だわ》
《いきなり掃除されたら気分悪い。余計なおせっかいでしょ》
《そこまでこだわり強いのってちょっと…絶対家に呼びたくない種類の人間だな》

などといったドン引き声があがっている。一方で、

《法案反対からの最近のパートナーのニュース見てから胡散臭さしかないな》
《大自然でせっかちな暮らし…嫌すぎる》
《ますます変なほうにいってるね。なんかもったいない》

などと、最近の柴咲の暮らしぶりを心配する声もあがっている。

「柴咲は先日、中華系英国人実業家のフウ・フェイフェイ氏と共同で北海道にコミューンを作り、そこをユートピアにする計画をたてていると、週刊誌に報道されていました。また、自身のYouTubeチャンネル『レトロワグラースch.』では、自宅で発酵食品を作る様子や、北海道での〝丁寧な暮らしぶり〟を伝えるルーティン動画を欠かさずアップ。こうした習慣は他のユーチューバーやインフルエンサーを中心にSNSで流行している傾向にあります。しかし、柴咲の場合は他人へも〝啓蒙する〟ような素振りを見せていることから、胡散臭さを感じる人が増えているのでしょう」(芸能記者)

周りを驚愕させる独自の思考を持っている柴咲。過剰にライフスタイルをアピールするあまり、迷惑をかけていないか一度、周囲と〝対話〟してみるのも手ではないだろうか。

【あわせて読みたい】