加藤綾子の“電撃結婚”に不穏な空気…お相手の素顔に「苦労しそう」

加藤綾子の“電撃結婚”に不穏な空気…お相手の素顔に「苦労しそう」 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの〝カトパン〟こと加藤綾子が、6月6日に一般男性との結婚を発表。お相手が年商2000億円企業の2代目社長だったことが判明し、ファンがザワついている。

加藤は7日に出演した『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、「お相手は一般の方です。どんな時も自然体で心穏やかな人柄に惹かれ彼と共に人生を歩んでいきたいと思いました」とコメントを寄せている。しかし、この一般男性とは、東京や神奈川を中心に約60店舗を展開するスーパーマーケットチェーン『ロピア』の2代目社長・高木勇輔氏であることが判明した。

「ネット上では加藤が一般男性と結婚したという報道を聞いて、《一体誰なのか?》と詮索する動きが出ていました。しかし、フタを開けてみれば年商2000億円を誇る企業の2代目社長ということで、《全然一般男性じゃない》という声が殺到しています。高木氏は慶應義塾大学卒業のイケメンで、若干39歳ながら、ここ10年で同社の売り上げを10倍以上に伸ばしたヤリ手経営者です。また、ゴルフ好きとしても知られていて、先月開催された『ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント』では、自社で専属契約したプロゴルファーの内藤貫太郎のキャディーを務め、話題になりました。人気女子アナを妻に迎えたのも典型的な〝トロフィーワイフ〟でしょうね」(週刊誌記者)

加藤綾子の“行く先”を心配するネット民

加藤の結婚報告に、ネット上では

《いい加減にこういう人を一般男性と呼ぶのは止めてほしいわ。完全に玉の輿だろ》
《カトパンが選ぶ男って、野球選手、ミュージシャン、年商2000億…。選ぶ基準が分かりやすいと言うか、なんか浅く感じるなぁ》
《ロピアの社長の会社は不当解雇とかで騒がれてたし、本人もバツイチと会社も本人も訳あり。金もらえる以上に苦労しないといいけど》
《ロピアなら不祥事も記載されているし、相手男性は何かあるみたいだな。婚姻前と婚姻後でさまざまなことが変わって来るしマスコミはスキャンダルネタが大好物だから見張られるだろう》
《世襲制の一族企業に嫁入りしたら、なんか苦労しそう。会社や夫にお金があっても、それを自由に使えるわけじゃないしね》
《コロナ禍+先行きの見えない不景気、結果カトパンが選んだ相手は大手スーパーの御曹司! やはり自分が結婚して苦労しない相手を的確にサーチして選んでたんだね》

などといった声があがっている。

大学の後輩というプロゴルファーを自社に所属させ、妻は人気の女子アナと、高木氏はなかなかバブリーな性格のようだ。しかし、加藤が典型的なトロフィーワイフになってしまうのは、ファンにとってはさみしい気分だろう。

【あわせて読みたい】