『ヒルナンデス』誤情報を発信? 郷土料理紹介にツッコミ殺到「怒っていい」

『ヒルナンデス』誤情報を発信? 郷土料理紹介にツッコミ殺到「怒っていい」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、冷凍食品の〝アレンジレシピ〟を特集。番組内では〝明石焼き〟を作る一幕があったが、その紹介内容に視聴者たちからツッコミが続出している。

この日の番組は〝バズレシピ〟でお馴染みの料理研究家・リュウジをゲストに迎え、彼の教える冷凍食品アレンジの〝BEST5〟を紹介することに。そこで〝冷凍たこ焼き〟を使ったレシピが登場し、リュウジは「〝明石焼き〟のようにします」と話す。すると番組では料理の詳細を知らない視聴者のため、「明石焼きとは和風出汁で食べる〝たこ焼き〟で、卵をたくさん使っているのが特徴の兵庫県明石市の郷土料理」といった明石焼きについての説明が入った。

たこ焼きと明石焼きは別物!「根本が違うんや」

しかし、〝和風出汁で食べるたこ焼き〟という説明に、視聴者たちは仰天。この料理はたこ焼きとは全く別物なため、ネット上には、

《明石焼きを『出汁で食べるたこ焼き』という紹介はまずいですよ!》
《冷凍たこ焼きの再利用法みたいな流れでしたけど、その説明は違うんじゃないかと》
《たこ焼きと明石焼きは全く別物だよね。明石焼きさんは怒っていいと思うwww》
《そもそも明石焼きはじん粉を使って作るからタコ焼きとは全然違うんだよー》
《たこ焼きを出汁で食べると明石焼きって説明してたんだけどそれって、『焼きそばにお湯をかけるとラーメン』ってくらい乱暴な説明じゃね?》
《ちゃうねん…。明石焼きとたこ焼きは根本が違うんや。明石焼き風と言われると違和感が》

などと指摘が殺到している。

「知らない人からすれば、たこ焼きに見える明石焼きですが、実際は全くの別物です。浮粉(うきこ)や沈粉(じんこ)と呼ばれる小麦でんぷんを使用していることが特徴で、他にも素材がシンプルなことから〝卵焼き〟と呼ばれることも。違う料理に対して『出汁で食べるたこ焼き』というウソの情報は、視聴者だけでなく、発祥の地である兵庫県明石市の人たちにも失礼と言えるでしょう」(料理情報誌ライター)

些細に見える料理紹介ではあるが、言葉一つで反感を食らうことに。少し調べればわかるような内容なので、番組サイドも細心の注意をはらうべきだろう。

【あわせて読みたい】