金ロー『ボヘミアン・ラプソディ』“男同士のキス”ノーカット放送に称賛!

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

6月4日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で、ロックバンド『Queen』のフレディ・マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が放送された。劇中には彼の半生を再現したシーンが数多く登場する。しかし、それらのシーンにネット上から〝時代錯誤〟な反応が続出していたようだ。

実にドラマチックな人生を送ってきたフレディ。今回注目を集めたのは、フレディの性的嗜好などが表現されたシーンだ。例えば劇中でフレディは、マネージャー男性のポール・プレンターや、後の恋人となるジム・ハットンとの濃厚なキスを披露している。