『まめ夫』オダギリジョーの“陰謀論”に考察が白熱「黒幕ではないと思う」

『まめ夫』オダギリジョーの“陰謀論”に考察が白熱「黒幕ではないと思う」 

(C)まいじつ 

6月8日、松たか子の主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)の第9話が放送された。ドラマ後半から登場して、第9話で消えていったオダギリジョーに、ネット上では多くの考察があがっている。

主人公の大豆田とわ子(松)は、これまでに3回結婚して3回離婚した〝バツ3〟女性。建設会社の社長に就任し、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしている。田中はレストランのオーナー兼ギャルソン、2番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は器が小さいファッションカメラマン、3番目の夫・中村慎森(岡田将生)は、とわ子の会社の顧問弁護士で理屈っぽいひねくれ者。3人の元夫はとわ子のことを〝好きで嫌い〟なようで…。

ビジネス上は敵対関係にありながら、心を通わせるとわ子と小鳥遊大史(オダギリ)。ところが、社長からの恩義に縛られることなく生きることを選んだ小鳥遊は、かねてから誘われていたマレーシアの会社に転職することを決断。さらに、現地では建築士としてとわ子の仕事も見込めるとして、とわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか」とプロポーズをする。

オダギリジョーの含みのある演技に称賛の声

そんな時、小鳥遊の会社が株式の不正取引疑惑で取り調べを受けることに。オンオフが異常にきっぱりしている小鳥遊は、この非常事態でもとわ子と喫茶店で談笑。心配するとわ子をよそに、「僕にとって、いい知らせです。社長は退任するでしょうし、恩人と争うことなく旅立つことができる」とほほ笑んでいた。

とことん掴みどころのない小鳥遊の様子に、ネット上では

《小鳥遊が暗躍して社長を蹴落とそうとしたってことでいいのかな…》
《オダジョーは社長のピンチさえ都合のいい道具と捉える冷たい人間で、その辺りのとわ子との対比は描かれてるけど、黒幕ではないと思う》
《小鳥遊さんがリーク元ならちょっと黒いな。自分は幸せになって逃げられるし。その線もあると思わせるオダギリジョーの雰囲気がまたいい》
《タイミングが良すぎるから小鳥遊リーク説っぽいけど、小鳥遊はただの純粋なだけの人にも見える》
《小鳥遊っていいやつだったのか悪いやつだったのか分からなかった》

など、考察が盛り上がっている。

小鳥遊の本心がどうかは、ドラマの本筋には全く影響しない。しかし視聴者がこれだけ熱心になるほど、魅力的なキャラクターであったことは確かなようだ。

【あわせて読みたい】