竹中平蔵“世論は間違える”発言で大炎上!「ある意味期待を裏切らない…」

竹中平蔵“世論は間違える”発言で大炎上!「ある意味期待を裏切らない…」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

6月6日放送の『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)に、『パソナグループ』の取締役会長としても知られる実業家の竹中平蔵氏がゲスト出演。コロナ禍での開催を予定している東京オリンピック・パラリンピックに対する世間の意見へ苦言を呈し、ネット上で批判の声が殺到している。

この日の番組では、緊急事態宣言について議論が行われることに。そこで竹中氏は宣言延長について〝ない〟と答え、政府の対策分科会・尾身茂会長が〝オリンピック開催を否定〟していたことに対して「あの座長の発言なんかひどいじゃないですか。別に分科会がオリンピックのこと決めるわけじゃないのに」と指摘する。

また同日のゲスト・山口もえが自粛中に行われるオリンピックに異を唱えると、竹中氏は「我慢しなきゃしかたない。それだったらコロナ菌に怒ればいいじゃない?」とあざ笑う姿も。

そして落語家の立川志らくが「世論の6割7割が中止、延期だって言ってる国民は間違ってるってこと?」と聞いた際には、「世論が間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違いますよ。世論はしょっちゅう間違えますから」と国民をバカにする発言を繰り返すのだった。

国民の意見は無視!? 自身の利益優先な竹中平蔵氏

中止を訴える国民を〝間違い〟と言い張る竹中氏。今回の発言がネット上で拡散されると、国民の怒りは爆発。竹中氏は言葉を「やっぱりうつろいやすい」という風に訂正していたものの、ネット上には、

《ある意味では期待を裏切らないよね…》
《竹平平蔵はオリンピックで莫大な金を稼ごうとしているオリンピックで儲かる人の代表格》
《五輪や集団ワクチン接種やコロナ関係のプロジェクトにほとんどパソナが噛んでるもんね!》
《いかにも、労働者をマネーゲームの駒としか考えていない竹中らしい発言》
《我々一般庶民を見下す人間だから、活気のあった「一億総中流」の社会をぶっ壊し、弱肉強食の「格差社会」を作り上げることが出来たんだろうな…》
《竹中平蔵先生の勇気あるご発言、全面的に支持する。バカな国民がよく考えもせず、「小泉さんカッコいい! 抵抗勢力ぶっつぶせ!」の短絡思考で小泉・竹中構造改革なんか支持する世論を生み出した結果、日本がメチャクチャになってしまったんですもんね!》
《世論はそもそも「正・悪」ではない。悪くても世論なのだ。国民自らの意思が世論だからだ》

などと怒りの声が溢れていた。

「今回着目すべきなのは、山口が政治家の対応を指摘した際に『コロナ菌に怒れば?』と発言したことでしょう。論点がズレているなどの問題以前に、返しが低レベル過ぎると言わざるを得ません。彼のような人間をコメンテーターとして出演させると、番組の質も下がってしまいますよね」(芸能ライター)

竹中氏には今後、国民は誰も味方につかなくなるだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】