『ヒルナンデス』関西芸人が必死に“爽やかアピール”「わざとらしくて草」

『ヒルナンデス』関西芸人が必死に“爽やかアピール”「わざとらしくて草」 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

お笑いコンビ『ダイアン』が、6月8日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演。普段の芸風を隠した必死な姿勢が、お笑いファンの間で話題となった。

「『ダイアン』はコテコテの関西弁とドスの利いた声、ガラが悪い風貌という、関西芸人を代表するようなコンビ。ゆえに東京にハマることができず、売れっ子ではあるものの、全国区の人気を掴みあぐねている感があります。イメージとしては、2014年頃の『千鳥』に近いでしょう」(お笑いライター)

これは本人たちもたびたび自虐しており、周囲からイジられる展開もしょっちゅう。最近では5月30日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)で、「ダイアン」の架空の仕事をシミュレーションする企画があった。この中にあったのが、「ヒルナンデス!」の『ダイアン津田の〝スーを差し上げます〟』という架空コーナー。同番組のレギュラーになるという設定を、共演者どころか番組を挙げてイジられてしまったのだ。

必死に番組に合わせてアピールする2人

図らずもこの直後に決まった「ヒルナンデス!」とあってか、2人は幾分〝らしくない〟雰囲気。ガラの悪いいつもの空気は鳴りを潜め、〝昼の落ち着いた爽やかな番組〟という空気に必死に合わせようとしていた。まるで問題児が授業参観の時だけ真面目になるようなこの姿は、お笑いファンの話題に。

《ワイプのダイアンがいつもと違って不自然!笑 わざとか?!》
《ダイアンはヒルナンデスで手を抜いてるうちはちゃんと売れない》
《お昼の番組でこんなに長時間ダイアンを見られる日が来るとは…》
《ヒルナンデスに出てるダイアンっていうシチュエーションだけで笑える》
《ヒルナンデスのゲストのダイアン、ワイプの顔わざとらしくて草》

など、「らしくなさ」に笑いが集まった。

「ブレークしていると言っていいものの、〝大ブレーク〟とまではいかないのが『ダイアン』の現状。今、彼らが最も欲しているのは、東京でのレギュラー・冠番組です。特に、東京番組の代表とも言える『ヒルナンデス!』のレギュラーでも勝ち取れば、関西から東京への進出が成功したことを意味し、名実ともに大ブレークを果たしたことになる。そのために、関西臭や普段の小汚さを消し、番組カラーに合わせて必死に馴染もうとしたのでしょう」(芸能記者)

目論見通り、これを足がかりにレギュラー起用を勝ち取れるか?

【あわせて読みたい】