お茶の間凍る…『相席食堂』MayJ.への“下ネタ”イジりに「時間帯考えろ」

お茶の間凍る…『相席食堂』MayJ.への“下ネタ”イジりに「時間帯考えろ」 

(C)まいじつ 

6月8日に放送された『千鳥の相席食堂 ゴールデンスペシャル Aiseki Music Fes 2021』(テレビ朝日系)に、歌手のMayJ.が出演。普通にロケに挑んだが、『千鳥』の悪意あるツッコミで〝下ネタ〟のように扱われてしまった。

VTRは福井県の漁船から始まり、MayJ.はイカやブリの漁に同行。その後は山頂公園に場所を変えてレポートしたのだが、漁船の時と違い、胸元が大きく開いた衣装を着用している。これには「千鳥」も〝ちょっと待てい!ボタン〟を押し、「ざっくりが過ぎるな」などとドキドキしながらツッコミ。しかし、これは序の口で、続いての足湯ではさらなる興奮が訪れる。

MayJ.は気を遣って「一緒に入ろうか?」とカメラマンも足湯へ誘い、裾をまくる間、「持ってようか?」とカメラを支える優しさも見せる。レンズの横を持つアングルは、視聴者からすると顔に手を当てられているようで、まるでバーチャルデートのような光景だ。

カメラマンが裾まくりに四苦八苦していると「ジーンズ硬いね」とつぶやき、いざ入湯すると「(ジーンズが)濡れてるよ」「上がらんかったね(笑)ごめんね」など母性を連発。これに「千鳥」は「いいなぁ」と羨ましそうにし、ボタンを押すと「AVの最初か!」「このまま旅館に行って…」「後半大丈夫か?」「ENGハメ撮りないやろな」と男子高校生のようなツッコミを入れた。

ゴールデンタイムに下ネタで凍りつくお茶の間

「千鳥」の悪意はその後も続く。若狭湾で穫れたアオリイカのお造りを見て「オーマイガー」とMayJ.が漏らすと、ノブはボタンを押してツッコミを入れ、ニヤケながらリピート。今度は大悟が押して「ちんちん見た時のオーマイガーやな」と指摘し、2人で笑いながら何度もリピートする。

その後、別の店でアオリイカのお造りが出されると、MayJ.は再び「オーマイガー」と驚きのリアクション。すると、「千鳥」はこれも店主の性器と結びつけるようなコメントをし、引っ張られた視聴者も

《May J.優勝のくだりが結局ド下ネタでめっちゃ笑った》
《普通にいつもよりマシマシにド下ネタかましてたから茶の間の空気止まった》
《昨今のテレビ番組では考えられないくらいの下ネタ》
《下ネタに逃げた感が否めない》
《May J.は全く悪くないけど、番組を面白くする為には千鳥をもってしても下ネタしかなかった感じだな》
《家族で見てると気まずい 時間帯考えろ》

など、誇大な妄想をしてしまった。

MayJ.が一躍有名になった『アナと雪の女王』の原題は『FROZEN』。凍りついたのはお茶の間の方だ。

【あわせて読みたい】