吉岡里帆がTikTokerを公開処刑!?「破壊力エグい」「芸能人の格の違いよ…」

吉岡里帆がTikTokerを公開処刑!?「破壊力エグい」「芸能人の格の違いよ…」

(C)まいじつ

6月10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の吉岡里帆がゲスト出演。番組内でショートムービーアプリ『TikTok』に挑戦し、芸能人としての〝格の違い〟を見せつけていた。

この日の番組はゲストの吉岡を深く知るべく、『TOKIO』のメンバーや女性代表ゲストの〝エンジェルちゃん〟として登場したお笑いトリオ『森三中』大島美幸がさまざまな質問をぶつけていくことに。そこで国分太一から「TikTokやらない?」という質問が入り、未経験の吉岡が動画撮影に挑戦する運びとなった。

すると吉岡は猫のフィルターを使った動画を撮影。猫耳と牙をつけてポーズを決める〝小悪魔風〟の吉岡が、楽曲に合わせてノリノリで踊る動画が映し出される。この動画に国分は思わず「カワイイ! これはすごいわ」と大絶賛。しかし当の本人は納得のいく出来ではなかったようで、「なんか微妙にズレてるんですよ。なんかこういうのダメですね。完璧にやりたいみたいな気持ちが…」と悔しそうな表情を浮かべていた。

吉岡里帆が芸能人として格の違いを見せつける…

動画のクオリティーに不満がある様子の吉岡だったが、視聴者の方は大興奮。ネット上には、

《TikTokでフィルターかけた吉岡里帆さん、ビックリするほどかわいくて芸能人の格の違いよ…》
《吉岡里帆のTikTokかわいすぎて鳥肌立った》
《ゲロやばかわいすぎて死にかけてる》
《元がかわいいと加工されてもさらにかわいいんだな》
《吉岡里帆のTikTokかわいすぎて破壊力エグい》
《TikTokしてる吉岡里帆かわいすぎて声出た。かわい! めちゃくちゃかわいい!》

などと歓喜の声が殺到している。

「『TikTok』は、まるで別人になるような〝加工カメラ〟が搭載されていることで有名。そのため人気のTikTokerがテレビなどに出演して《別人じゃん…》と炎上するケースも少なくありません。やはり無加工の世界で戦う芸能人は、一般人とは違うということを強く思い知らされますね」(芸能ライター)

吉岡をはじめとした芸能人たちが、本格的に『TikTok』を始めた場合、一般ユーザーの付け入る隙はなくなってしまいそうだ。

【あわせて読みたい】