『めざまし』阿部華也子の人気陥落…引きずる“10分濃厚キス”の衝撃

『めざまし』阿部華也子の人気陥落…引きずる“10分濃厚キス”の衝撃 

(C)Tiko Aramyan / Shutterstock

2016年から『めざましテレビ』(フジテレビ系)のお天気キャスターを務め、昨年と一昨年には2年連続で「好きなお天気キャスター」首位に輝いているタレント・阿部華也子。しかし、先日発表された今年度のランキングで、ついに〝王者陥落〟となってしまった。

同ランキングは毎年6月に発表されているもので、今回が第17回と歴史を誇る企画。気になる結果の方は、裏番組『ZIP!』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めるモデル・貴島明日香が、自身初となる首位の栄光を手にした。

絶対王者だった阿部は2位に終わり、その勢いに陰りを見せることに。貴島が3位→2位→1位と年々順位を上げていたのに対し、対象的な没落傾向になっている。

V2の圧倒的強さから一転、後塵を拝する恥辱を味わってしまった阿部。裏番組のキャスターに負けた点も含め、その悔しさは筆舌に尽くし難いものがあるだろう。

そして、この敗因となったのは、やはり昨年の〝特大スキャンダル〟にあると見て間違いないようだ。

痛手すぎた“10分濃厚キス”スキャンダル

「敗因はどう考えても、昨年の『10分濃厚キス』スキャンダルですよ。いくら3年前の出来事とはいえ、朝番組の雰囲気に合わせて爽やかさを醸していた裏で、出会いバーへ繰り出してテキーラをショットでガンガンあおり、その場で会った男と人目をはばからず10分も濃厚なキスをしていたなんて、イメージは最悪。当時大学生だったという点も、若くして遊び慣れた〝パリピ〟〝やりらふぃー系〟であることを印象づけましたからね」(週刊誌記者)

実際、このスキャンダルが発覚した際、ネット上はショックと失望が広がる阿鼻叫喚の地獄に。それまで清純で明るいイメージを売りにしていたとあって、真逆の生態が白日の下に晒されたことは、大変な衝撃をもって迎えられた。

「番組では〝知らぬ存ぜぬ〟で今も清楚系キャラですが、もはや彼女を見て『おしとやかなお天気お姉さん』というイメージを抱く者など皆無。今や周囲からは、『イメージを偽っていた』としか見られていないでしょう。もはやこれまで通りのキャラクターでいくのは不可能でしょうね。どれだけ清純ぶっても、『知らない男と10分もベロチューしたじゃん』で片付けられてしまうので…」(芸能記者)

もはや開き直って〝キャラ変〟するしか道が残されていない様子の阿部。ここからの挽回は相当に厳しいものがありそうだが、果たして…。

【画像】

Tiko Aramyan / Shutterstock

【あわせて読みたい】