えなり&ゆりやん『Uber Eats』CMが不気味で不評「ホラー番組かと…」

えなり&ゆりやん『Uber Eats』CMが不気味で不評「ホラー番組かと…」 

(C)まいじつ 

日本における〝出前ブーム〟の立役者として知られる宅配サービス『Uber Eats』。4月からは、俳優・えなりかずきとお笑いタレントのゆりやんレトリィバァを起用した新CMも放送開始され、ますます勢いを増している。しかし彼らが出演するCMの内容に、ネット上では不評が続出しているようだ。

新CMは「バス停編」と「ものまね編」の2パターンを放送。「バス停編」はバス停に座るえなりのドアップが映し出され、スマートフォンを手に「さて、今夜私が頂くのは帰りながら注文したラーメンです」というセリフから始まる。そこにレオタード姿で謎の乗り物に乗ったゆりやんが現れ、「家まで送りましょうか?」と投げかけるシュールな内容だ。

また「ものまね編」では、自宅にてビデオ通話をしている2人の姿が。するとゆりやんが「どうも、えなりかずきです」とモノマネをし始め、それを本人が〝指導〟するという構成になっている。

「今回のCMにて初共演を果たした2人ですが、最初から息がぴったりだったようです。また2人のコンビには『ウーバーズ』という名前も。コンビ名まで付いているくらいですから、今後も新たなCMが展開されることが予想できますね」(芸能ライター)

シュールを通り越して不気味?

この新CMは瞬く間に反響を呼び、ネット上で話題に。しかし絶賛の声が上がる一方で、

《えなりのUberのCMがつまらなすぎて辛い》
《えなりかずきとユリアンのCMも、初めから顔ドアップの画像がキツい。ユリアンの乗り物や衣装、台詞、どれをとっても不条理で不快。アレで宣伝効果有るんだろうかと疑問》
《えなりかずきとゆりあんのウーバーのCM、『意味わかんない』ってモヤモヤした》
《ウーバーイーツの広告、今まで出てたのは割と好きだったけど、えなりだけは受け入れられない》
《えなり君が出てるウーバーイーツのCM、夜で暗いしアップで映るからホラー番組かと毎回ドキッとする》
《なんかこのCMに不気味さを感じるのは私だけ…?》

などと辛辣な評価が下されている。

あまり一般層からの支持は得られなかったようだが、人々の記憶には焼き付いたようだ。CMとしては成功と言えるだろう。

【あわせて読みたい】