夏の「手作り弁当」を傷ませないテクニック

(C)Ljupco Smokovski / Shutterstock

(C)Shutterstock

節約のためだけでなく、健康志向で毎日「手作り弁当」を持参している人も多いはず。しかし、気になるのは夏場の食中毒や食あたり。実は食中毒は8月だけでなく、9月の残暑厳しいときにも発生件数が多いのだ。

そこでいま一度、夏のお弁当作りの注意点を復習してみよう。

  • ご飯やおかずは温かいまま入れない
    冷めてからふたを閉めること。熱いままではでは細菌が繁殖しやすい。また、温かいままふたを閉めると、水滴がふたに付き、それが細菌の温床になってしまう。
  • 生野菜はNG
    生野菜はよく洗っても「土壌菌」が付いている可能性が高いので、できるだけ加熱してから入れるようにしよう。また、どうしても入れたい場合は、しっかりと水気を拭き取ろう。
  • 冷凍のまま入れない
    市販で、そのまま入れられるものはOKだが、自家製の冷凍食品の場合は、解凍時に水が出やすいので、しっかりとレンジで加熱してから入れるようにしよう。また、かまぼこやハムなどの加工品も、しっかり加熱してから入れよう。
  • なるべく手で触らない
    お弁当を詰めるときも、菜箸などを使い、できるだけ食品に触らないようにしよう。それは手にもさまざまな雑菌がついているからだ。
  • 防腐効果のある食材を利用
    梅干し、シソ、お酢、わさび、カレー粉といった食材や調味料は、昔から“防腐効果”があるといわれている。積極的に利用するといいだろう。また、最近ではお弁当用の抗菌シートも売られているので、利用するのもおすすめだ。

9月になってもまだまだ暑い日が続くので、ぜひ食中毒には注意したい。

 

【あわせて読みたい】

※ 5分でサッとできるパソコンの「キーボード掃除法」

※ 「イッテQ」が手越祐也に容赦ない仕打ち

※ 視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か

※ ワックス、スプレー、ムース…何が違うか知っていますか?

※ コード・ブルー共演の山下智久と有岡大貴にある「距離感」の理由