冬だけではない!季節問わずの「冷え」対策

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

冷え性で悩む女性は多い。「冷え」は何も冬に限ったものではなく、夏でも注意が必要だ。

夏は冷房の効いた部屋にいることが多くなるため、慢性的な冷え性になりがちだ。また、アイスや冷たい飲み物、冷やし中華や素麺など、体を冷やす食べ物をとる機会も多くなる。夏になるとダイエットで生野菜を積極的に食べる女性も多いが、この生野菜も冷えの原因になってしまうのだ。

そこで、夏こそ温かいものを飲んで体調を整えるのがおすすめ! 温かいハーブティーや緑茶などはもちろん、起床時に白湯を飲むのもいい。外出中も冷たい飲み物をさけ、常温のミネラルウォーターやお茶などを飲もう。

また、暑い季節は入浴をせずにシャワーだけで済ませがちだが、しっかり湯船につかるのも冷え性対策にはかなりの効果がある。ぬるめのお湯で、冷房で冷え切ってしまった体を温めよう。炭酸入り入浴剤もおすすめだ。炭酸ガスは温浴効果を高め血行を促進することができるので、体の芯から温まることができる。

寝苦しい夜は、エアコンをつけっぱなしで寝てしまいがちだが、これも体を冷やす原因になってしまう。エアコンをつけているときでも、扇風機やサーキュレーターを弱く稼働させて、部屋の空気を循環させるようにしよう。そうすれば、部屋のなかの温度のむらが無くなり、高めの温度設定にしておいても快適に眠ることができる。

夏場の冷え性は、お腹がゆるくなったり、夏風邪をひきやすくなったりと、さまざまな健康トラブルの元凶になる。ぜひ対策をするようにしよう。

 

【画像】

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

武井咲がドラマでも妊娠!視聴者騒然の事態

高橋一生との「共演女優」SNSで総叩きに遭う異常事態

違約金を上回る!? 武井咲に「新たな仕事」殺到か

草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑