『鉄腕DASH』に“カメ愛好家”から悲鳴「泣きそう」「子どもも観てる」

『鉄腕DASH』に“カメ愛好家”から悲鳴「泣きそう」「子どもも観てる」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月13日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、『SixTONES』の森本慎太郎らが外来種を駆除して料理にして食べたところ、視聴者から「かわいそう」と動物を気遣う声が続出している。

企画「グリル厄介」を放送。『TOKIO』城島茂らが佐賀城を訪問した。かつて城は夏になると堀にハスが咲き周囲を彩っていたというが、15年ほど前からハスが消えてしまったという。なお、現在は一部復活しているそうだ。

「厄介者」の正体はカメ。北アメリカ原産のミシシッピアカミミガメはペットとして人気だが、野外に捨てる人のせいで城に悪影響を及ぼしているという。番組では、環境省の推定で800万匹が日本に生息していると紹介。繁殖力が強く寿命も長く、佐賀平野全体に生息するようになったという。

一行は佐賀県立森林公園と佐賀城の堀に〝わな〟を設置。1週間後、森本らがカメを大量に捕獲した。

カメを高級フレンチに「かわいそうすぎて…」

森本らはカメをフレンチレストランに持ち込み、調理を依頼した。シェフはノコギリで甲羅を切る。カメを解体する模様はカメラに映らず、切った後の脚と手の肉、卵が映された。

シェフはカメをパイ包みや「ベニエ」に仕上げた。森本は「筋肉の部分はちゃんとしっかり残ってるから歯ごたえもあるし」と、別の仕事で不在の城島の代わりに見事な食レポを決めた。

番組サイド、視聴者ともにカメには罪はないとしていた。ただ、普段からカメをペットとして飼いこよなく愛する視聴者はカメを調理するシーンを見て悲しんでいる。

《亀好きの私からしたらかわいいし、かわいそうすぎて食べれん…》
《まるごと茹でてたよ か、かわいそう 亀カメ好きなんだ…》
《いいの? 亀飼ってる身からするとかわいそうで見てらんねーよぉ》
《ウチの家にも亀がいるので食べるなんてかわいそう》
《食べるのはね…。子どもも観てるんです》
《今日の鉄腕DASH、カメでカメ飼ってる身としては泣きそう》

中には《悪いのは最初に手放した人間だよな…》との声も。ペットを外に放つのは厳禁だ。

【あわせて読みたい】