HIKAKINが大失言!? 朝倉未来の敗戦にエールも「稚拙すぎ」「危険行為を助長」

HIKAKINが大失言!? 朝倉未来の敗戦にエールも「稚拙すぎ」「危険行為を助長」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

6月13日、日本最高峰の格闘技の祭典『RIZIN.28』がフジテレビ系にて放送された。〝路上の伝説〟として知られる朝倉未来が失神でKOされたが、ユーチューバー仲間のHIKAKINが送ったエールが物議を醸している。

朝倉は今回、静岡県磐田市在住の日系ブラジル人、クレベル・コイケと対戦。第2ラウンドで、クレベル得意の柔術が決まると、朝倉は動けなくなってグラウンドに引き込まれてしまった。そして数秒後、レフェリーが慌てて間に入って試合を止め、クレベルの勝利が決まった。

敗戦した朝倉は仰向けのまま瞳孔が開いており、失神していた様子。試合前から柔術が得意なクレベル相手に〝タップしない〟と意気込んでいた朝倉だが、有言実行したがゆえに落とされてしまったようだ。

この光景に、HIKAKINはツイッターで《朝倉未来、男の中の男だ。それにしても、悔しすぎて仕事が手につかん。。。》と称賛の言葉を送っている。するとこれにファンから賛同する声があがっているものの、タップしないことを〝男の中の男〟と称賛したともとれる言葉に

《タップしないがかっこいいが話題になってるけど、それは違う。命に関わる。もしそれが男らしいというツイなら稚拙すぎる。格闘技を愛していて選手を想うならタップして欲しい》
《これは流石に美談にしたらダメでしょ。普通に危ない行為だし》
《タップせずに失神することが男の中の男とか、子どもたちが見てる人が言うもんじゃないでしょう》
《タップしないのは男らしくなんかない。相手選手に迷惑をかけるだけ、完璧に決まった三角絞めは外せない。最悪相手選手が朝倉選手がタップしないせいで殺してしまうかもしれないでしょ?》
《タップしないのを褒める風潮やめてください。影響力ある人なんですからそういう危険行為を助長する発言は良くないと思います》
《タップする勇気含めて格闘技なんだよ。これじゃただの殺し合いだろ? 賞賛してんじゃねえよ》

など批判の声が殺到している。

朝倉未来陣営からも呼びかけ

「技が決まった際、クレベルはタップしない朝倉を心配して、朝倉の顔をしきりに指さしてレフェリーにTKOを呼びかけていましたね。さらにこの件に関しては、朝倉とYouTubeチャンネルを運営しているたくま氏もツイッターで《タップしない事がカッコいいって考えは、本来、非常に危険な事なのでこれから格闘技、柔術など初めてみようと思っている方は、完全に極まったらちゃんとタップをするようにして欲しい。関節を怪我したり、失神を繰り返すと関節は外れやすく、失神しやすくなり選手生命終わります》とコメントを発表しています」(芸能記者)

めったに失言しないHIKAKINも、つい熱くなってしまったのだろうか。

【あわせて読みたい】