鈴木奈々『マツコ会議』の“号泣シーン”に賛否「必死なんだな…」

(C)まいじつ 

タレントの鈴木奈々が6月12日、『マツコ会議』(日本テレビ系)にリモート出演。マツコ・デラックスからのアドバイスに〝号泣〟する一幕があり、ネット上ではさまざまな声があがっている。

マツコは鈴木に対して、「一時の露出はすごかったけど最近は見なくなった。私は見たい人のひとり。面白いじゃない」と高く買っていることを告白。そんなマツコの言葉に鈴木は「23歳から30歳までは毎日毎日、仕事をさせていただいた。30代になって少しずつ仕事が減った。コメント力が苦手で、みちょぱとかコメント力凄い。あんな感じになりたいんです。尊敬してる」と弱気な態度を見せた。

それに対しマツコから「ダメだよ、同年代は。もっと闘ってほしい」と鼓舞されると、鈴木は「私みたいなのは求められてないんじゃないかな」とつぶやき、最後は泣きじゃくってしまった。