AKBのオワコンは不可避? 39歳・鈴木亜美とのコラボに「ズレてるなぁ」

AKBのオワコンは不可避? 39歳・鈴木亜美とのコラボに「ズレてるなぁ」 

(C)まいじつ 

アイドルグループ『AKB48』チームAが6月13日、舞台『AKB48 THE AUDISHOW』を開催。歌手の鈴木亜美がゲスト出演し、ファンを沸かせている。

今回の舞台は、ライブと演劇を融合させたものとなっており、オーディション形式の芝居ではメンバーそれぞれがパフォーマンスを披露。鈴木は舞台終盤でAKB入りを志願する設定で登場し、メンバーたちと同じ衣装に身を包み、「今日はAKBに入るために来ました!」と意気込んだ。

鈴木は、自身のヒット曲『BE TOGETHER』を熱唱した後、AKBのヒット曲『フライングゲット』『ヘビーローテーション』で、年の離れたメンバーと見事なダンスを披露した。

普段は、2児の母親として育児と仕事を両立する鈴木。今回のコラボに対し、ネット上では

《アミーゴももうすぐ40歳か~いろいろ大変なんだな。でもやっぱり歌唱力はホンモノだ》
《やっぱり元トップアイドルは違うな。ダンスの見せ方が上手いし、動きがきびきびしてる》
《頑張りすぎて壊れるなよ。激辛食ったり、バランス崩してるようにしか見えない》
《旬は過ぎてると思うけど、とにかく人に注目されていたいんだろうな》

などと、さまざまな声があがっている。

話題作りに必死な『AKB48』

しかし一方で、『AKB48』の運営体制について

《AKBって誰とでもコラボするね。ゴマキともしてたし》
《鈴木あみやゴマキは一応全盛期は売れてたけど、今のAKB48の娘って柏木由紀以外あんまり知名度ないよね。彼女たちが40歳になっても仕事あるんだろうか》
《あいかわらずここの運営は人気があるときからズレてるなぁ。全く関係がない人を連れてきてどうするんだよ…》
《全くの部外者がポッと来てセンターで歌ってる後ろで踊らされてるメンバーの気持ち考えないのかな? メンバーみんなセンターで歌うために練習してるんじゃないの?》

などと懸念を示す声もあがっている。

「『AKB48』といえば、昨年9月の音楽特番『テレ東音楽祭 2020秋』(テレビ東京系)で、元モーニング娘。の後藤真希と初コラボをし、話題になっていました。一時代を築いたトップアイドルと共演することで、グループとしての存在感を示したいのでしょう。しかし前田敦子をはじめとする主要メンバーがいた全盛期から一転、最近話題に持ち上がるのは、単独コンサートでの〝コロナ対策のいい加減さ〟や、14歳メンバーの〝未成年飲酒〟など悪いニュースばかり。メディア露出もめっきりと減っており、〝オワコン〟の一途を辿っていることは言うまでもありません」(AKBライター)

今年4月19日放送の『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS系)では視聴者から〝生歌〟のヘタさを指摘されていた『AKB48』。トップアイドルとのコラボ共演より、彼女たちの実力を上げることに神経を注いだほうが良いのではないだろうか…。

【あわせて読みたい】