フジテレビ入社の元『HKT48』がインスタ登場! アナ転向もありえる?

フジテレビ入社の元『HKT48』がインスタ登場! アナ転向もありえる? 

(C)Pavel_Kostenko / Shutterstock

元『HKT48』メンバーで、今年4月にフジテレビに入社した若田部遥が6月14日、同局人事部のインスタグラムに登場し、ファンを沸かせている。

若田部は《フジテレビ新入社員の若田部遥です。 先日報道局配属になって今は報道センターで内勤をしています》とあいさつ。続けて、《幼い頃から「伝える」職業に就きたいと考えていたこともあり、 学生時代はテレビ局と通信社でアルバイトをしていました。働く中で多くのニュースに触れ、政治や社会問題に興味を持ち 「記者になりたい」と考えるようになりました。私にとって就職活動は、辛いこともたくさんあったし、不安で眠れない日もありました。でも、今振り返ると悪いことばかりではなかったなと思います。 就職活動を通して、様々な考え方に触れることができました。たくさんの友人ができました。そして何より目標に向かって走る中で、今まで以上に自分を知ることができました》と就職活動を振り返った。

最後に《みなさんも後悔のないように夢に向かって走り続けて下さい。乗り越えた先にみなさんの明るい未来があることを願って応援してます》と呼びかけた。

若田部は2011年に『HKT48』1期生としてグループ入りしたが、17年に大学進学で学業を優先することを理由にグループを卒業。父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス三軍投手コーチの若田部健一氏で、母親は福岡で活動するローカルタレント・若田部佳代という血筋だ。

アイドル時代から“実績”を積む若田部遥

「若田部は就職活動中、『辛いことがあり不安で眠れない日もあった』と発言しています。実際は親の〝コネ入社〟といわれていますが、どこまでリアルかはわかりません。もっとも、当初はアナウンサー職を希望していたようですから、そういった意味では報道局に配属になったのは本人にとって不本意なのかもしれません。もっとも若田部は170センチの長身でルックスもよく、テレビ映えするため、関係者の間では、『1、2年後にアナウンス部に異動するのではないか』とウワサされています。今年は元棋士の竹俣紅が女子アナとして入社していますから、若田部は枠から漏れたのでしょう」(女子アナウオッチャー)

今回の配属に対し、ネット上では

《アナウンサーになるより報道部の方が逆に良かったのでは?と思います。フジテレビは二世、親や兄の七光りって言われる方多いですけど、それをバネに飛躍されてる方も多いですよね》
《若田部さんは、自身も元アイドル、父親の名前あり、話題性はありそう。これからに期待ですね》
《報道局所属ではあるものの、フジテレビが若ちゃんを今後推していくという表れでしょう。出世の可能性は十分にあると思います》
《若田部ちゃんはアイドル時代から真面目で熱い子というイメージがあります。これからますますの活躍を期待します》

などとエールが送られている。

過去には元TBSで現在はフリーアナウンサーの笹川友里が、就職活動でアナウンサー職を受験するも不合格になり、一般職として合格。『王様のブランチ』などの番組でADを務め、〝美人過ぎるAD〟として話題になり、その後、アナウンス部に抜擢されている。

若田部がアナウンサーとして番組に登場する日もそう遠くはないかもしれない。

【画像】

Pavel_Kostenko / Shutterstock

【あわせて読みたい】