『おかずクラブ』オカリナが“心動かされた”漫画とは?「髪も推しキャラの色に」

『おかずクラブ』オカリナが“心動かされた”漫画とは?「髪も推しキャラの色に」 

(C)まいじつ

6月14日に都内で『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞 2021』が開催。お笑いコンビ『ニューヨーク』嶋佐和也、『鬼越トマホーク』坂井良多、『おかずクラブ』ゆいP、オカリナら4人が登壇し、それぞれの〝漫画愛〟を語った。

同賞は、読者による読者のための〝ネクストブレーク作品〟を決めるコミック大賞で、今回の投票数は過去最多となる2万票超えとなった。

最初に「最近おすすめの○○な漫画」について30秒でプレゼンを求められると、坂井は「『グルメ漫画』。僕なら『美味しんぼ』って言います」とコメント。ゆいPは「『もうすぐ終わりそうな漫画』で、『ガンニバル』。駐在さんが主人公で…」と溢れる作品愛を語った。

『おかずクラブ』オカリナが“心動かされた”漫画とは?「髪も推しキャラの色に」 

(C)まいじつ 

オカリナは、「『去年、私の人生を変えた漫画』。それが王道の『僕のヒーローアカデミア』でした。最初はハマらなかったけど、改めて読んだらハマっちゃって、髪の毛のインナーカラーも推しキャラクターの色に変えました」と興奮気味にコメント。嶋佐は「『クズ過ぎて救いようない漫画』だったら、『連ちゃんパパ』。パチンコにハマった人の話なんですけど、本当にクズ。想像を絶します」とコメントした。

続いて、実写化されたら見たい漫画『TSUTAYAプレミアム賞』に『青島くんはいじわる』が選ばれたことに対し、坂井は「メガネイケメン。『おいでやすこが』のおいでやす小田さんみたい。漫画の実写化に芸人が出ているとテンションが上がる」とコメント。それに対し嶋佐は「こがけんさんの方が、本当に実写化されるときに想像が膨らむなぁ」と笑顔でツッコんだ。

ありそうな“日常”を描いたラブコメが1位に

そして同賞の3位から1位の受賞作品が発表。3位を獲得した『【推しの子】』について、オカリナは「どの本屋でも平積みになってる!」とコメント。ゆいPは「ひとひねり、ひとひねり。って説明するとネタばれになるくらいサスペンスなんです。業界の話なので、なおさら面白かった」と振り返った。

見事、大賞の1位に輝いた『僕の心のヤバイやつ』に関して、ゆいPは「口コミからヤバかった。心が動く。(胸が)カーッて(熱く)なるし、ドキドキする。正直にめちゃくちゃ面白かった。オカちゃん(オカリナ)にも『1位とる!』って話していました」とし、嶋佐は「奇をてらってなくって、面白い」とそれぞれ感想を述べた。

最後に、ゆいPが「私たちも面白いとおもった漫画はツイッターでつぶやくようにしよう! そうやって漫画を盛り上げていきましょう」と述べ、イベントを締めくくった。

コミック好きたちのレコメンドによって盛り上がりをみせる同賞。芸人をもトリコにする新進気鋭の漫画作品を、この機会に読んでみてはいかがだろうか。

【あわせて読みたい】