『ドラゴン桜』平手友梨奈が“欅坂”ニオわせ!? アイドルオタクの間で物議

『ドラゴン桜』平手友梨奈が“欅坂”ニオわせ!? アイドルオタクの間で物議 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月13日、阿部寛が主演の日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)第8話が放送された。同話で、平手友梨奈演じる楓の演技が「『不協和音』に見える!」と一部ファンの話題になっている。

この日の放送では、阿部演じる桜木が生徒の学力を考慮した〝オーダーメイド勉強法〟を伝授。そして長澤まさみ演じる水野からは、夏休みに向けて家族の協力が必須になってくることが説明されたのだが、楓は両親に東大受験のことを伝えていなかった…。

両親は楓がケガをした後もバドミントンを諦めていないと思い込み、社会人チームの練習に参加できるよう手配。日中はバドミントンの練習、夜中は勉強の生活を続けていた楓だが、限界を迎えて倒れてしまう。

一見普通の倒れ方に見えるが、倒れた後のカメラアングルや腕を下にした横向きの姿勢が、彼女が所属していた『欅坂46』の楽曲『不協和音』のMVと酷似。ネット上では、

《楓ちゃんが倒れたシーンで不協和音の最初のカットが被った!》
《平手が不協和音やってたな》
《平手さんが倒れたところ、不協和音始まる!って思ったww》
《楓が倒れる時シーン、完全に不協和音の始まりで草》
《楓ちゃんが倒れたシーンは不協和音の最初のカットとダブるし、倒れる過程も含めて平手さん推しには欅時代のツライ出来事が重なって涙…》

などとファンをザワつかせている。

眼光の鋭さやグーパンチも『不協和音』の再現?

楓はラストシーンで、東大を受験することを両親に打ち明けることに。最初は明るいトーンで「私、東大を受験する!」と説得していたが、父親にビンタされてから楓の眼光が欅坂時代を思わせるものに。「私は本気で話しているの」「東大もオリンピックも両方叶える。絶対に叶える」と落ち着いた声で話し始め、父親を言いくるめていた。

また、かつてバドミントンでダブルスを組んでいた利恵とのやりとりでは、別れ際に〝グータッチ〟で友情を確かめ合うシーンが。ここでも「不協和音」のイントロ部分のポーズを連想する人が多かったようで、欅坂ファンにとっては驚きの連続だったようだ。

「『ドラゴン桜』で平手が演じている楓は、全国トップレベルのバドミントン選手。周りの期待を一身に背負い、どんなことにも全身全霊で取り組んでいく努力家というキャラクターです。対して、平手自身も努力家で、センターとしてグループを引っ張ってきた人物。欅坂時代の平手と楓のキャラクターが似ているため、自然と演出が近くなってしまったのかもしれませんね」(芸能ライター)

一方で平手は欅坂を脱退し、グループも『櫻坂46』に改名して活動しているため、

《平手さんが倒れる度に不協和音って言うやつ、マジで永遠に続くんか》
《平手がじゃんけんでグー出しただけでも不協和音とか言いそうで怖い》
《不協和音なわけがなくてウケるな。平手も大変だ》

とファンに苦言を呈す人もいた。

今回の演技が欅坂をモチーフにしたものか不明だが、今後も欅時代や楽曲を彷彿とさせる演技は見られるのだろうか。

【あわせて読みたい】