加藤浩次『スッキリ』のギャラは1本200万円? 関西芸人の暴露に驚きの声

加藤浩次『スッキリ』のギャラは1本200万円? 関西芸人の暴露に驚きの声 

(C)まいじつ 

6月12日に放送された『せやねん!』(MBS毎日放送)で、お笑い芸人・トミーズ雅が加藤浩次の〝懐事情〟に言及。『スッキリ』(日本テレビ系)のギャラが明かされ、ネット上で話題になっている。

番組では、進行を務めているアナウンサーが、女性週刊誌で加藤のギャラが一日で50万円と明かされていたことに触れた。

これにトミーズ雅は「なんでやねんな、4倍ぐらいあるわ」とツッコミ。あまりにも高額な金額に、お笑いコンビ『アキナ』の秋山賢太が一日のギャラが4倍なのか恐る恐る尋ねると、雅は「4倍くらいある」と言葉を重ねるのだった。

加藤浩次のギャラはいくらなのか…?

雅の話が真実ならば、加藤の「スッキリ」のギャラは一日200万円という大金に。これに対してネット上では、

《夢があっていいじゃん》
《スゴ… 吉本から離れたから全部貰えるんでしょ? よく狂犬からここまでのしあがったな》
《1週間で1千万? さすがにそれはないと思うけどね。本当なら吉本が手放すか?》
《そんなにもらえるなら毎朝4時起きでも頑張れるわ》
《芸能人のギャラって高すぎない? テレビ局、どんどん視聴率下がっているし、コスト下げないとやばいよね》

などとさまざまな意見が見受けられた。

「加藤は2017年に放送されたAbemaTVの『極楽とんぼKAKERUTV』で自身の年収を1億円に満たないぐらいと明かしています。この発言を踏まえると、トミーズ雅のコメントは信憑性があると言えるでしょう」(芸能人ライター)

加藤は今年3月末で、吉本興業とのエージェント契約を打ち切っている。つまり、これまで中抜きされていたギャラが全て加藤の懐に入るということに。いま現在の年収を知るすべはないが、視聴者が想像をしているよりも加藤は高給取りなのかもしれない…。

【あわせて読みたい】