エハラマサヒロの“便乗商法”に呆れ声「事件を起こしたら手のひら返し」

エハラマサヒロの“便乗商法”に呆れ声「事件を起こしたら手のひら返し」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

お笑い芸人のエハラマサヒロが「流れ弾に当たった」とネット上で話題になっている。

エハラは6月15日、自身のツイッターを更新し、《多分またニュース見て間違える人がいるから先に言っておくんだが…僕は人を絶対に殴らないお 暴力反対だお》とツイート。〝人間違い〟であると強調した。

「実は15日に、映画『踊る大捜査線』や『クローズZERO』などに出演していた元俳優の遠藤要容疑者が、傷害の疑いで逮捕されたのです。遠藤はお笑い芸人のエハラマサヒロと容姿がウリ二つ。遠藤は悪役として人気の俳優でしたが、2017年に元タレントの清水良太郎と違法営業の遊技場で賭博を行い事務所を解雇。さらに18年には、訪れた飲食店で提示された料金に納得がいかず、アルバイトとして働いていた俳優の顔面を数発殴る事件を起こしています。現在は徳島市内で飲食店を経営しているといいますが、今回の事件では、徳島県警察組織犯罪対策課が動いていますから、反社会的勢力に所属していた疑いもあります」(芸能記者)

不祥事を繰り返す遠藤要に呆れ声

遠藤の逮捕に、ネット上では

《遠藤要っていい感じで個性あって好きだったんだけどな…。組織犯罪対策課に逮捕されたって事は暴力団員になっちゃったのかもな》
《エハラと一緒にYouTubeに出てたよね。今となっては、エハラもいい迷惑だろうなぁ》
《似ているといわれ始めた時はコラボして、事件を起こしたら手のひら返しで離れ、ほとぼり冷めれば…の繰り返し。スルーすればいいのに、いいとこどり過ぎる》
《俳優としては才能のある人だと思ってました。しかし人としてだったらアカン事のオンパレード。完全に終わってますね》
《遠藤さん、1度落ちても這い上がってくるはずって期待してたから、残念。腐ってんな!って思ったわ》

などと、さまざまな声があがっている。

エハラは2019年3月にYouTubeチャンネルで遠藤と共演。遠藤が「事件のことでは、いろんな迷惑を掛けたと思います。本当にすいませんでした」と頭を下げると「湿っぽなるわ! まあ、でもこれはしょうがない。ボケにはできへんから」「いろんなことがありますけど、年齢も1コ下ですし、僕は弟だと思ってますんで」とフォローしていた。

またもや暴力沙汰を起こした遠藤に、もはやエハラも呆れるしかないだろう。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】