佐々木希にイジワル質問? 健気に “愛”を語る様子に「泣ける…」

佐々木希にイジワル質問? 健気に “愛”を語る様子に「泣ける…」 

(C)まいじつ 

ちょうど1年前、多目的トイレの目的外利用と不倫の2大社会的罪が発覚し、謹慎するも未だ復帰の目処すら立っていない『アンジャッシュ』渡部建。妻・佐々木希は一躍悲劇のヒロインと化したが、こちらも未だに世間から過剰な同情を集めてしまっているようだ。

佐々木は6月18日公開の映画『リカ~自称28歳の純愛モンスター~』に出演しており、15日に完成披露試写会へ出席。翌日の各ワイドショー番組でも、この様子が放送された。イベント中、記者からは映画の内容にちなんだ「愛」についての質問が。渡部が不倫をしていたこともあり、報道陣にも緊張が走る。

佐々木はこれに、「子どもに対してはリカ並みにかわいいなって思いがあるので、命をかけて守りたい」「子どものためなら死ねる」などと答え、我が子への愛を溢れさせる。その後も、現場では共演者に子どもの写真を自慢していたなど、親バカなエピソードを繰り広げたのだった。

健気な妻としての姿に胸を痛める視聴者

イベントでは他にも、「今一番必要なもの」という質問に「仕事ですね。大事ですよね、生きていく上で」と回答する場面も。夫の稼ぎがない中で、自らが働かなければならない事情を見え隠れさせる。

夫から裏切られた中、子どもや家庭に関してのトークを連発する姿は、視聴者から同情を買うことに。ネット上には

《健気すぎて泣ける…》
《佐々木希さんって本当に強い人だと思う》
《夫のせいで一生なにか言われ続けるかもしれないけど、負けないで頑張ってほしい》
《被害者なのに自分も反省したようにしなきゃいけないのほんとひで》
《離婚しないのも子どものためなのかなって邪推… でも子どもに罪はないし、今の環境での幸せを見つけてって思う》

など、多くの声援があがっていった。

丸1年経っても相変わらず復帰が絶望的な渡部。いつか円満な家庭を取り戻すことはできるのだろうか…。

【あわせて読みたい】