元AKBメンバーが作る“1杯2000円”のラーメンに賞賛「一度は食べてみたい」

元AKBメンバーが作る“1杯2000円”のラーメンに賞賛「一度は食べてみたい」 

(C)Minerva Studio / Shutterstock

アパレルブランドを立ち上げて成功している川崎希や、コスメやカラーコンタクトをプロデュースしている指原莉乃など、元『AKB48』グループメンバーには成功者がいる。そんな中、現在ネット上では、ラーメン屋の店主として活躍している元『バイトAKB』の梅澤愛優香が話題になっているようだ。

梅澤は高校卒業後に「バイトAKB」に合格し、アイドルの世界に足を踏み入れた。所属していたのは2014年から約半年ほどで短期間だったが、彼女は当時から独学でラーメンの修行を開始していたという。20歳の時に『麺匠 八雲』を葛飾区に開店させ、現在ではフランチャイズを含めて5店舗を経営している敏腕経営者だ。

今回話題にあがったのは、梅澤が店主を務めるつけ麺屋『沙羅善』に訪れた客が投稿したツイッターのレポートがきっかけ。同店は完全予約制&ネットでの事前決済制を導入しており、来店すると梅澤本人が茹でた麺がいただけるシステム。ツイートの投稿主は《完全予約&事前決済制。チケットは2千円。前日朝7時から予約開始で即完売。30分前集合遅刻厳禁。割烹のような内装と御本人からの丁寧な接客。とても美味。ストーリーとシステムがよく設計されてる》《麺本当に美味しくて塩と酢橘だけでも飲むように食べられる》などと絶賛していた。

元AKBメンバーが生み出したビジネスモデルに称賛の声

事前決済の時点で2000円の預かり金が発生するため、つけ麺としてはリッチな価格だが〝体験を売る〟という発想と価格以上の味が楽しめると話題に。ツイッター上には

《とりあえず麺の盛り方に拘りを感じる。行ってみたい》
《客単価2000円を易々と突破するこのビジネス設計、素直に感心する。味も担保されているなら、口を挟む余地もないわ、すっごいなあ》
《自分のネームバリューを担保に接客と手を掛けたラーメンを高単価で売るのは善きビジネス》
《この30年間すべてのラーメン屋が考えてきた、どうやって客単価2000円の壁を超えるかの解が、まさか「修行期間としてアイドルやって固定客を見つける」だとは誰も思わんでしょ…。らーめん発見伝だよ…》
《まさに「商品を売る」のでは無く、「体験を売る」の感じだなと思う話。商品クオリティーも含めて非常に興味が有るし、一度は食べてみたいと思う》

といった称賛の声が相次いでいる。

「話題になった同店と梅澤の生い立ちは、ネット上で瞬く間に拡散されました。麺のビジュアルが似ていることから『中華蕎麦とみ田に弟子入りしていたらしい』という噂が飛び交いました。しかし梅澤は、事実と異なるツイートに《全く弟子とかではないんです》と真摯に対応していました」(芸能ライター)

今年4月に彼女は、アイドル時代を経てラーメン店経営にいたった経緯を記した自叙伝『ラーメン女王への道 ―アイドルから店主への創業奮闘記』を発売。その商魂たくましい姿勢は、アイドルを続けていたとしても成功したかもしれない。

【画像】

Minerva Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】