ゆきぽよ“写真集”売上1000部で大爆死! 今週の嫌われ女ランキング

ゆきぽよ“写真集”売上1000部で大爆死! 今週の嫌われ女ランキング 

(C)まいじつ 

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも〝嫌われた女〟ランキングと、代表的な記事をご紹介します(6/17配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 ゆきぽよ : ゆきぽよ“写真集”大爆死! 売上1000部で引退説も浮上「もうだめぽよ…」402pt.

ゆきぽよ“写真集”大爆死! 売上1000部で引退説も浮上「もうだめぽよ…」

2位 阿部華也子 :『めざまし』阿部華也子の人気陥落…引きずる“10分濃厚キス”の衝撃 283pt.

『めざまし』阿部華也子の人気陥落…引きずる“10分濃厚キス”の衝撃

3位 松井珠理奈 : 松井珠理奈の“イメチェン”が不評「品がない」「50代みたい」89pt.

松井珠理奈の“イメチェン”が不評「品がない」「50代みたい」

4位 吉岡里帆 : 吉岡里帆がTikTokerを公開処刑!?「破壊力エグい」「芸能人の格の違いよ…」50pt.

吉岡里帆がTikTokerを公開処刑!?「破壊力エグい」「芸能人の格の違いよ…」

5位 Cocomi : Cocomiの“声優挑戦”に猛反発! ブーメラン発言の自覚がないオタクたち 48pt.

Cocomiの“声優挑戦”に猛反発! ブーメラン発言の自覚がないオタクたち

6位 ミッツ・マングローブ : ミッツ『ヒルナンデス!』自主降板の理由を明かすも「クビじゃないの?」42pt.

ミッツ『ヒルナンデス!』自主降板の理由を明かすも「クビじゃないの?」

7位 壇蜜 : 壇蜜の“激ヤセ”姿に飛び交う憶測「本当に大丈夫?」「何かあった?」28pt.

壇蜜の“激ヤセ”姿に飛び交う憶測「本当に大丈夫?」「何かあった?」

8位 熊田曜子 : 熊田曜子の“DV騒動”がさらに大荒れ! 夫の暴露で不倫疑惑が濃厚に… 27pt.

熊田曜子の“DV騒動”がさらに大荒れ! 夫の暴露で不倫疑惑が濃厚に…

9位 鈴木奈々 : 鈴木奈々『マツコ会議』の“号泣シーン”に賛否「必死なんだな…」16pt.

鈴木奈々『マツコ会議』の“号泣シーン”に賛否「必死なんだな…」

10位 マリエ : マリエの“タトゥー入り”ビキニ写真にドン引き「イメージが悪化していく」15pt.

マリエの“タトゥー入り”ビキニ写真にドン引き「イメージが悪化していく」

阿部華也子“10分濃厚キス”スキャンダルが痛手に

今週もっとも注目を集めたのは、〝ゆきぽよ〟こと木村有希にまつわる話題です。

少し前まではギャル全開のキャラクターで人気を博していたゆきぽよですが、人気が低迷。先日発売された写真集も、〝大爆死〟といわれてしまうような売上だったといいます。

ゆきぽよは5月25日に、3rd写真集となる『はじめまして。』を発売。彼女としても渾身のグラビアのようで、発売前は「3万枚も撮影したので、 達成感がすごいです」「70万部を目指します!」と意気込んでいました。しかしフタを開けてみると、発売後の約1週間で記録した売上は、およそ1000部という清々しいほどの爆死っぷり。目標売上の70万部までは、遠い道のりとなりそうです。

この事態にネット上では、

《ほとんど関係者しか買ってないような数字じゃん》
《一週間で1000部はさすがに少なすぎるな…》
《もうだめぽよ…》

といった声が。また一部ネットニュースでは、〝引退説〟まで囁かれています。

ここまで写真集が売れなかった理由については、《やっぱり半グレのイメージがついちゃうとね…》との指摘が。今年1月にゆきぽよは、親交があった男性がコカイン使用の容疑で逮捕されたと、『週刊文春』に報じられていました。また報道によると、ゆきぽよ自身も薬物検査を受けていたとのこと。

結局、彼女が薬物を使用していた訳では無かったのですが、男性との関係などについては所属事務所も事実を認め、イメージを著しく低下させる結果に。文春砲の余波で写真集が大爆死してしまったゆきぽよですが、今後はどのような方針で活動を続けていくのでしょうか…。

続いては、タレント・阿部華也子にまつわる話題です。2016年から『めざましテレビ』(フジテレビ系)のお天気キャスターを務め、昨年と一昨年には2年連続で「好きなお天気キャスター」首位に輝いている阿部。しかし、先日発表された今年度のランキングで、ついに〝王者陥落〟となってしまいました。

同ランキングは毎年6月に発表されているもので、今回が第17回と歴史を誇る企画。気になる結果の方は、裏番組『ZIP!』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めるモデル・貴島明日香が、自身初となる首位の栄光を手にしました。

絶対王者だった阿部は2位に終わり、その勢いに陰りを見せることに。貴島が3位→2位→1位と年々順位を上げていたのに対し、対象的な没落傾向になっています。V2の圧倒的強さから一転、後塵を拝する恥辱を味わってしまった阿部。裏番組のキャスターに負けた点も含め、その悔しさは筆舌に尽くし難いものがあるでしょう。

そして、この敗因となったのは、やはり昨年の〝特大スキャンダル〟にあると見て間違いないようです。

「敗因はどう考えても、昨年の『10分濃厚キス』スキャンダルですよ。いくら3年前の出来事とはいえ、朝番組の雰囲気に合わせて爽やかさを醸していた裏で、出会いバーへ繰り出してテキーラをショットでガンガンあおり、その場で会った男と人目をはばからず10分も濃厚なキスをしていたなんて、イメージは最悪。当時大学生だったという点も、若くして遊び慣れた〝パリピ〟〝やりらふぃー系〟であることを印象づけましたからね」(週刊誌記者)

実際、このスキャンダルが発覚した際、ネット上はショックと失望が広がる阿鼻叫喚の地獄に。それまで清純で明るいイメージを売りにしていたとあって、真逆の生態が白日の下に晒されたことは、大変な衝撃をもって迎えられました。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

【あわせて読みたい】