志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が…

(C)まいじつ

8月16日にバラエティー番組『志村けんのだいじょぶだぁ 夏休みドリフだョスペシャル』(フジテレビ系)が放送された。ゴールデンタイムでのコントは久々の放送だった。

この日は『ドリフターズ』のメンバーがひさびさに一堂に会し、かつての『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)を見ながらのトークと、『ダチョウ倶楽部』など“志村ファミリー”と呼ばれる面々による新作コントの2本立ての構成だった。

かつての名場面や、人気キャラクターが次々と登場したことについて、ツイッターでは《やっぱり、ドリフと志村けんのお笑いは永久不滅だわ》、《67歳で子供を笑わせられるのはすごい》(67歳は志村の年齢)など、懐かしさと世代を超えて笑えるコントが好評だったようだ。

 

コンプライアンス的に大丈夫?視聴者はハラハラ

一方で、柄本明と将棋の対決をするコントで、女性のスカートをめくって将棋の駒を動かす“セクハラ”コントも相変わらず健在だった。視聴者はツイッターで《あまりゴールデンタイムに流すべきコントじゃないのも含まれていて、あまり気持ちの良いものでなかった》、《今あえてそこで攻める志村けんはやっぱり凄いな》など、意見が賛否両論でふたつに分かれていた。

そのほかにも、《時間的にケツっぺたはいかんでしょ》や、《この時間に堂々とタバコ吸ってるのって志村けんくらいだよな》などというつぶやきが投稿されていた。

コントが面白かったかどうかよりも、ゴールデンタイムというさまざまな人がテレビを見る時間帯に、女性の裸やたばこを吸うシーンが出てくることを気にして、番組タイトルとは裏腹に“だいじょうぶ”なのかと心配する人が意外と多いようだった。

志村のコントは、“偉大なるマンネリ”と言われるほどであり、『志村けんのだいじょうぶだぁ』がレギュラー放送されていた25年近く前と比べて、内容は当時とさほど変わってはいない。だからこそ、いつの間にか世の中を取り巻く環境が大きく変わったということに、視聴者は気付かされたのではないだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ マツコ・デラックス不調?OA中見せた「体の腫れ」の正体は…

※ 小栗旬「事務所NG事項」をテレビで解禁

※ コード・ブルーの「流産シーン」が賛否紛糾の事態に

※ 菊川怜「とくダネ!」降板の裏事情

※ 上原多香子の不倫報道をメディアが大きく扱えない理由