『レンアイ漫画家』最終回ハッピーエンドに批判「ありえん」「どの面下げて…」

『レンアイ漫画家』最終回ハッピーエンドに批判「ありえん」「どの面下げて…」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

鈴木亮平が主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第11話・最終回が、6月17日に放送された。視聴者大満足の内容であったが、ある一点が物議を醸している。

同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)という恋に不器用な2人を描いたハートフルラブコメディー。あいこは刈部の指令を受けてターゲットの男性と恋愛して、その体験談をネタに刈部が漫画を描いていく。

第11話は、レンアイをしたことで漫画が描けなくなってしまった刈部の元から、あいこが去って1年後。刈部はインドアな根暗キャラから様変わりして、キラッキラのリア充パリピと化していた。偶然再会したあいこは刈部の姿を見て動揺するが、刈部にはある考えがあった。レンアイしても漫画が描けるように、自分を鍛えていたのだ。

そして現実が幸せでも漫画が描けると確信した刈部は、再度あいこにアタック。2人はよりを戻すことになった。

その後、結婚式のシーンが映される。刈部とあいこの結婚かと思いきや、式をあげていたのは、刈部を崇拝する漫画家・金條(木南晴夏)と、あいこのストーカー(?)である早瀬剛(竜星涼)であった。刈部とあいこは式に出席して2人を祝福。参列者の中には、あいこの行きつけのカフェ&バー『2 STORY CAFE』で店長代理として働く店員・二階堂藤悟(眞栄田郷敦)とその彼女・伊藤由奈(小西桜子)の姿もあった。

ハッピーエンドに水を差すカップル

すると二階堂と由奈の参列に、視聴者からブーイングが続出することに。というのも、二階堂は以前、由奈と付き合っているにも関わらずあいこにキスをして迫り、由奈はその腹いせで刈部の顔写真をネットに晒し上げ、刈部のメンタルが崩壊するきっかけをつくっていたのだ。

ネット騒動後、二階堂と由奈は破局したようだが、このシーンを見る限りでは復縁したようだ。ネット上では

《由奈は呼ぶなよ》
《しれっとクソ男とクソ女も参列》
《うーわドン引き、あいこがダメなら元カノとか》
《このカップルどの面下げて来とんねん》
《あの元カノとヨリ戻すのはありえない》
《は? あんな騒動引き起こしたくせにお前来んなやって思った》

など批判が起こっている。

一応、全員が幸せになるハッピーエンドとも言えそうなのだが…。

【あわせて読みたい】