『鉄腕DASH』無音の放送事故? 高齢者だけ聴こえない珍現象とは…

『鉄腕DASH』無音の放送事故? 高齢者だけ聴こえない珍現象とは… 

(C)Connor Evans / Shutterstock

6月20日放送の『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)で、視聴者の年齢によって全く異なる反応が上がるシーンがあった。ネット上でも密かに話題となったのだが、一体どんなシーンだったのだろうか。

この日の前半に放送されたのは、大学の屋上に池を作り、植物や生き物の生態を観察する「新宿DASH」のコーナー。今回は『TOKIO』国分太一と『King & Prince』岸優太が虫を捕獲し、専門家から希少度を採点される「虫-1グランプリ」が開催された。

2人は池の中からさまざまな虫を捕まえ、昆虫好きの岸はバッタのような虫を手に。専門家がこれに大興奮を見せると、クビキリギスというレアな品種であると告げられる。クビキリギスは歯がかなり鋭く、噛まれると人間でもかなりの痛みが走るとのこと。その後はさらに詳しい生態を伝えるため、クビキリギスに関する資料映像が挟まれた。

高齢者には聞こえない一方…

映像にはクビキリギスがメスを呼びよせるために鳴くシーンもあり、ジリジリという高音が響き渡る。すると、このシーンに対してネット上には、

《クビキリギスの鳴き声、私だけ聴こえて両親は聴こえなかったんだけど、もしかしてモスキート音?》
《みなさん聞こえました? 放送事故だと勝手に思ってた》
《一緒にDASH見てた67歳の母には聞こえなかったという…》
《クビキリギスの鳴き声 祖母、父、母は聞こえなかった これもモスキート音なのか!》
《キンキンうるさくて聞いてられない》

など、年齢によってさまざまな反応が上がっていったのだ。

「人は加齢と共に聴力が落ち、ある一定を越えた高音を聞き取りづらくなります。しかし、高音も拾える若年層にとって、こうした音はキンキンと響く不快なものでしかありません。世に言うモスキート音がこれにあたるわけですが、クビキリギスの高い鳴き声も、高齢者に聞こえない一方、若い視聴者には不快だったようです」(週刊誌記者)

高齢視聴者にとっては、一瞬テレビが壊れたのかと思うほど無音に感じられたようだ。

【画像】

Connor Evans / Shutterstock

【あわせて読みたい】