月9『ナイト・ドクター』お笑いコンビ“ミキ”出演で台無しに…「緊張感ない」

月9『ナイト・ドクター』お笑いコンビ“ミキ”出演で台無しに…「緊張感ない」 

(C)まいじつ 

6月21日より、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)がスタートした。後半のあるシーンに、視聴者から大ブーイングが巻き起こっている。

同作の主人公・朝倉美月(波瑠)は、働き方改革を目指す「あさひ海浜病院」に設立された、夜間勤務専門の救命医チーム〝ナイト・ドクター〟を志願した責任感ある医者。研修医あがりの医者・深澤新(岸優太)や桜庭瞬(北村匠海)、かつての同僚・成瀬暁人(田中圭)、頭の回転が早く医師としても優秀な高岡幸保(岡崎紗絵)とともに奮闘していく〝青春群像医療ドラマ〟だ。

第1話では、工事現場の崩落事故で出た重症患者を受け入れることに。患者の足の切断をするなど、緊迫感のあるシーンが続いた。

さらにドラマ後半では、花火大会の爆発事故現場で救命にあたるシーンも。血だらけで呻く患者を美月たちが助けていった。さらに、深澤以外のナイト・ドクターが出払ってしまった病院に、新たな患者が運ばれてくる。そこに助っ人の医者も駆け付けたのだが、これを演じていたのが、お笑いコンビ『ミキ』の2人であった。

『イチケイのカラス』から引き続き…

緊張感のあるシーンが続く中、突如としてミキが現れたことに視聴者は興醒めした様子。ネット上では

《まじでミキいらん》
《なんでここでミキを使うんだよ》
《はあ? ギャグですか!?》
《もう台無しだよ。ミキの兄貴の俳優売りやめろ》
《ミキの2人が救命にいるって緊張感が薄れるんだが…》
《いくらちょい役でも大事なシーンでミキのお2人を揃って使われるとシリアスみが出ないですね》
《なんかミキが出てきて、世界観が壊れてしまって現実に引き戻されたんですけど》

といった声があがっている。

前クールのドラマ『イチケイのカラス』でも毎週芸人をゲスト出演させていたが、今回もまた、同じ演出をしていくのだろうか。

【あわせて読みたい】