『ネプリーグ』EXIT兼近の“漢字ミス”にドン引き「ガチなの?」「流石にない」

『ネプリーグ』EXIT兼近の“漢字ミス”にドン引き「ガチなの?」「流石にない」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月21日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)2時間SPに、お笑いコンビ『EXIT』が出演。兼近大樹が「おバカすぎる」と、悪い意味で注目を浴びてしまったようだ。

「EXIT」は番組直後にスタートする新月9ドラマ『ナイト・ドクター』(同系)チームのキャプテン役として参戦。りんたろー。と兼近は、コーナーによって入れ替わりながらクイズに答えていった。番組中盤、穴埋めになった歌詞中の漢字を書き取る問題が出され、ここは兼近が担当することに。しかし、兼近は「ムネ」が分からず「月」に「㐂」(七を3つ)と書き、いきなり不正解となってしまった。

この凡ミスにモニタールームは衝撃を受け、兼近本人はひたすらに苦笑い。さらに、2周目に回ってきた「ほしい」という字にも、兼近は象形文字のような謎の字を書き、不正解となってしまった。

簡単な漢字も書けず視聴者ドン引き「教養無さすぎ」

さらに、「緊張」の緊が隠された3周目も、兼近は「金」と書いて不正解。同コーナーは3回ミスで終了となるため、兼近1人でゲストチーム全体を止めてしまう失態になってしまった。そして、この基礎的な漢字ミスの連発に、視聴者は笑いを超えてドン引きしてしまったよう。ネット上には

《兼近、どうしようもないぐらいバカじゃね!?》
《漢字間違えすぎてて、おもろいってよりドン引きレベル》
《教養無さすぎて引く…》
《兼近ってホンマもんのおバカだったのかw 流石にアレは無いわ~》
《見ためチャラいけど一般教養くらいあると思ってた…見た目通りおバカだったw》
《兼近このバカさキャラじゃなくてガチなの? え? やばくない?》

といった声があがっていた。

「兼近の実家はテレビがないほど貧乏で、家庭環境も良いとは言えず、かなり壮絶な生い立ちをしています。学歴は高校中退と、こちらも良いとは言えず。『ネプリーグ』は準レギュラーのように頻繁に出ていますが、学力的には他の出演者に太刀打ちできません。しかし、彼は知識がないだけで、思想や価値観・視点には相当に鋭い物があります。勉強は苦手なようですが、地頭自体はむしろいい方ですよ」(お笑いライター)

学力などなくても成功が掴めることを体現している兼近。しかし、ふとした場面で恥ずかしい思いをすることがあるようだ。

【あわせて読みたい】