『ドラゴン桜』最終回に山P出演確定? SNSでのニオわせ投稿に膨らむ期待

『ドラゴン桜』最終回に山P出演確定? SNSでのニオわせ投稿に膨らむ期待 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の阿部寛が主演を務めるドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)が、6月27日に15分拡大で最終回を迎える。22日に公開された最新カットでは、祈るように合格発表の掲示板を見つめる楓(平手友梨奈)の姿があり、予告動画では合格発表に向かう東大専科7人の姿が映し出された。

また最終回の予告には「最強助っ人登場!」の文字があったため、ネット上では《誰が出るの?》《もしかして前作メンバーか?》などと、視聴者をザワつかせている。

「第1回の放送では、前作で特進クラスの生徒・小林麻紀役を演じた、モデルの紗栄子がサプライズ出演しました。ネット上ではさまざまな予想が飛び交っていますが、今のところ有力視されているのは、前作で主人公・矢島勇介役を演じた山下智久です。矢島は東京大学の理科一類に見事合格しましたが、実家が貧乏で2人暮らしの母親へ金銭負担をかけたくないため、独学で弁護士の道に進みました。予告動画で桜木(阿部)が『最強の助っ人を用意した。〝久しぶりだな〟』と発言したことから、山下の可能性が高いようです」(エンタメ誌記者)

山下智久の“イメチェン”に矢島勇介の姿を重ねるファン

そんななか、助っ人が山下だと根拠づけるいくつかの説が浮上。山下は4月3日、自身のインスタグラムに〝金髪メッシュ〟姿の写真を投稿。《次の役の為に、髪を染めました。似合ってますか?》とコメントしている。

この写真が、前作の矢島の髪型とそっくりだったことで、ネット上では

《山Pが金メッシュ入れてる! これはもう期待しちゃうわ》
《これ絶対、矢島勇介の15年後でしょ。次回の放送が楽しみすぎる!》
《懐かしの金メッシュ。これはもう来週の助っ人確定かな?》
《山Pの髪色どっかで見た事あると思ったら矢島じゃん。これでドラゴン桜に出てくれたら泣くぞ》

などといった声が広がっている。

そして、同月25日のインスタグラムのストーリーで山下は、《今日からドラゴン桜楽しみだ。あの頃より、少し成長できたかな笑》とつづっており、これに関しても視聴者は出演の〝ニオわせ〟だと判断しているようだ。

また、『ドラゴン桜』の原作漫画を手がける三田紀房氏は公式ツイッターで、最新刊に矢島が出演をすることを公表し、反響が相次いでいる。

20日放送の第9話の視聴率は、番組最高の15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。4週連続で右肩上がりを続けており、最終回は最強助っ人が誰なのか大きな話題になっていることも相まって、かなりの数字が予想される。

次回出演の〝助っ人〟によっては、今年放送されたドラマの中で1番の記録が出るかもしれない。

【あわせて読みたい】