藤原紀香が自撮りを加工!?「美人だから逆効果!」とファン落胆

藤原紀香が自撮りを加工!?「美人だから逆効果!」とファン落胆 

(C)まいじつ 

衰えぬ美貌がたびたび注目を集める俳優で梨園の妻である藤原紀香が、6月10日に自身の公式インスタグラムを開設。私生活の一幕や自撮りの写真を投稿しているが、その加工の度合いに不評が続出している。

紀香が投稿した写真は、出演していた舞台『魔界転生2021』の衣装で撮影されたものや愛猫などさまざま。中でも赤いロングドレスを着用した写真は圧巻で、背景に施されたボカシの影響で紀香の抜群なプロポーションがより強調されている。紀香の曲線美に見とれた人も多く、《めっちゃキレイです!》といった称賛のコメントが殺到していた。

また6月19日の投稿では、《お品さん終わり、なんとなく髪型変わったな》といった近況報告も。その写真は、美しい黒髪に漆黒のトップス、胸元にはキラリと光るシルバーのネックレスを着用したラグジュアリーな1枚。しかも肌にはシミやシワなどが一切なく、年齢を感じさせない若々しい紀香の姿が映し出されていた。

自撮りの加工もノリノリ紀香?

どの写真にも絶賛の声が起こっている一方、紀香の不自然に加工されたと思われる写真にファンたちは愕然。むしろ〝本来の美しさ〟が失われていると感じ、ネット上には、

《美人だから加工は逆効果!》
《加工しなくてもこの人はキレイだと思うんだけどな…》
《背景なんで全部ボカすんだろ、逆に変なのに。加工しなくてもスタイルいいでしょ》
《加工しなきゃいいのに。加工のせいで変な感じになってる》
《加工が気になって不安感しかない。普段の紀香でいいのに》

などと落胆の声があがっている。

「紀香にとって写真の加工は、もはや〝癖〟の一つなのかもしれません。その昔、紀香は自身のブログ内にポージングを決めた写真をアップし、背景が〝歪んで〟いたことから、ネット上で注目を集めていました。この写真について、紀香本人は加工を否定したうえで〝立ち方の問題〟と弁明。しかし明らかに不自然なことから加工疑惑は拭えず、現在に至るのです」(芸能ライター)

美しすぎて世間が加工と思っているだけで、実は真実の姿なのかもしれない…。

【あわせて読みたい】