大谷翔平は“規格外”すぎる? ダルビッシュ有の予想を超える怪物っぷり

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

メジャーリーガーの大谷翔平が、シーズン本塁打の自己最多記録を更新。この活躍は、同じメジャーリーガーも予想できないほどのようだ。

大谷は日本時間の6月20日、メジャー1年目の自己最多と並ぶ22号本塁打を記録。前日の試合では1試合で20号、21号と2本のホームランを放っている。さらに日本時間の6月21日には、本拠地での試合で23号ホームランを放つ。驚異的なペースでホームランを量産する大谷に、日本中から歓声が起こっている。