北川景子に寄生か…『ボンビーガール』終了でDAIGO崖っぷち?

北川景子に寄生か…『ボンビーガール』終了でDAIGO崖っぷち? 

(C)まいじつ 

人気バラエティー番組『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に、今年9月での打ち切り説が浮上。同番組でレギュラーを務めるDAIGOに心配の声が続出している。

2011年4月に放送を開始した「ボンビーガール」は、お金がなくても幸せに生活している女性にスポットを当て、リアルなボンビー生活を覗き見する番組。番組が誕生してからしばらくは、「超節約している女性」や「夢のためにボンビーを選んだ女性」を特集しており、視聴者からの反応も上々だった。

しかし、ここ最近は、番組の迷走っぷりが浮き彫りに。番組名に〝ガール〟と入っているにも関わらず男性を募集したり、ボンビーな男性を愛したら幸せになったガールを紹介するなど、方向性がチグハグになってきていた。

趣旨の違う企画を連発したり、方向性が定まりきらなかったため、結果として同番組は10年間の歴史に幕を下ろすことに。番組の視聴者からは、

《上京ガールは結構好きだった。でも最近はコロナでそれどころではないし、女優志望の子とか出てきて失速したよね》
《森泉のリフォーム企画は面白かったんだけどなあ。最近は迷走してて最初の番組の面影がなかったよね》
《最初の頃は見てたよ。訳あり激安物件紹介とか、森泉出てた初期は面白かった。でも最近は正直つまらなかった… よくここまで持ったよね》

といった感想が相次いでいた。

DAIGOの次なる転身先は競馬関係か?

番組終了を嘆く声も多く見受けられたが、それ以上に反響が大きかったのは〝DAIGOの仕事が無くなった〟ということ。

DAIGOは今年3月にも『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の終了に伴い、レギュラーを1つ失っていた。ネット上にもDAIGOの仕事状況に対する声が見受けられ、

《もう政治家に転向するしかないんじゃないの?》
《仕事無くなってるから、産後の嫁はんが必死に働いてるのよ!》
《DAIGOの仕事がまた一つなくなる…》
《志村どうぶつ園、ボンビーガール、火曜サプライズ… 全部日テレから切られてるじゃんか…》
《DAIGOの肩身が狭くならないか不安》

などと、DAIGOと妻である北川景子との〝夫婦格差〟を心配するコメントが相次いでいる。

「お茶の間から姿を消しつつあるようにも見えるDAIGOですが、実は競馬関係のレギュラー番組を持っています。独自の視点から予想を繰り広げるDAIGOは、競馬ファンの間でも一目置かれる存在。かつての〝DAI語キャラ〟から一皮剥けたように、今回も競馬好きキャラへの転身を遂げるかもしれませんね」(芸能ライター)

レギュラー番組とともに、DAIGOがテレビから姿を消さないと良いのだが…。

【あわせて読みたい】