黒歴史はどうなる!? ドリカムの“軌跡”ドラマ化に「おクスリ事件は…」

黒歴史はどうなる!? ドリカムの“軌跡”ドラマ化に「おクスリ事件は…」 

(C)Master1305 / Shutterstock

毎年夏に放送される音楽特番『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)が、今年も7月3日に8時間生放送されることが発表された。番組内では人気アーティスト『DREAMS COME TRUE』の歴史を辿るスペシャルドラマも放送されるのだが、これに〝ある疑問〟がささやかれている。

発表によると、同ドラマは「ドリカム」がデビューするまでの道のりなど、30年以上の歴史を描いていくノンフィクションドラマ。主人公を中村正人に据え、吉田美和とともに乗り越えてきた困難などが、主に彼の視点から描かれる。中村役を務めるのは風間俊介で、吉田役については追って発表されるという。

「『ドリカム』といえば旧国立競技場コンサート常連の1組で、2019年に行われた新国立競技場のこけら落としイベントにも参加。同スタジアムがメイン会場となるオリンピック直前にドラマでクローズアップされるのも、ある種納得の構成と言えるでしょう」(スポーツ紙記者)

しかし、ネット上では、このドラマに対して〝ある疑問〟が浮上している。グループから脱退したキーボード担当・西川隆宏の扱いだ。

覚醒剤で逮捕された“黒歴史”メンバーの扱いは…?

「西川は2002年に独立・突如脱退すると、半年後に義姉への暴行事件で逮捕。同事件では不起訴となるも、勾留中に受けた尿検査で陽性反応が出たため、覚醒剤取締法違反で再逮捕されました。12月には執行猶予つきの判決を受けますが、2006年には所持の容疑でまたもや逮捕されています」(芸能記者)

いわば、西川の存在はグループにとって触れられたくない〝黒歴史〟。しかし、結成秘話を語る上で欠かせないことも事実であるため、ネット上には

《西川は?》
《西川くんのお薬事件はどう扱うのかな? 結構な転換期だったと思うけど》
《初めから2人グループだったぜ! スタイルで描くのかな》
《赤裸々に描いたら視聴率そこそこ取れそう》
《西川の存在をカットせず 吉田美和の略奪事実婚した旦那死去からの19歳年下とのヒモ婚 中村のロリ婚 これをやるなら見てもいい》

など、その扱いにさまざまな推察が見られているのだ。

現時点での発表では、吉田と中村との絆物語になりそうなこのドラマ。はたして〝3人目〟の存在には触れられるのだろうか。

【あわせて読みたい】