上白石萌音がバラエティー軽視? 共演者&視聴者から苦言「休みすぎ」

上白石萌音がバラエティー軽視? 共演者&視聴者から苦言「休みすぎ」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

2021年度後期放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の主演に抜擢されるなど、躍進を続けている上白石萌音。そんな彼女だが、多忙なゆえに俳優業以外が疎かになってしまっているようだ。

視聴者から苦言が寄せられたのは、6月23日放送の『世界くらべてみたら』(TBS系)。上白石は『TOKIO』国分太一と共に同番組のMCを務めているのだが、この日は番組を欠席。「MC萌音ちゃん ドラマ撮影中!」とテロップが表示され、上白石の代わりに国分の横には等身大のパネルが置いてあった。

パネルを見た『アンタッチャブル』山崎弘也は「結局来てないということですね」とコメント。これに千原ジュニアも便乗し、「これありならブラッド・ピットでもええわけよね」とイジるのだった。

番組に出演しなさすぎ? 上白石萌音に不要説

2時間スペシャルにも関わらず、上白石が出演したのは後半に流れたVTRのワイプのみ。たびたび番組を欠席する上白石に対して、ネット上では、

《マルチタスクできないならバラエティー向かないから止めれば? パネルですらムカついてきた》
《世界くらべてみたら、面白い番組で好きだけど、上白石萌音ちゃんはMCなのにドラマ撮影がある時は休み、っておかしくない?》
《上白石、また来てないん? いくら主演女優やからってレギュラー番組休みすぎやろ》
《この番組なんで上白石萌音入れたの? てか、上白石サイドも断れば良かったのに。意味ないじゃん》

などと厳しい意見が寄せられている。確かに上白石は同番組や他のバラエティーを欠席しがち。マルチに活躍せずに、俳優業に専念した方がいいかもしれない。

ちなみに番組自体も上白石に負けず劣らずサボる様子。番組のエンディングでは、次回の放送日が8月4日と発表された。1カ月以上放送から間が開くことやMCの不在を考えると、もういっそ打ち切ったほうがいいと思うのだが…。それができない大人の事情があるのだろう。

【あわせて読みたい】