『コブクロ』新曲で“不倫”の釈明?「響かない…」「もうダメ」と批判殺到

『コブクロ』新曲で“不倫”の釈明?「響かない…」「もうダメ」と批判殺到 

(C)ronstik / Shutterstock

男性フォークデュオ『コブクロ』の新曲『両忘』に、ネット上で大量のツッコミがあがっている。

同曲は6月23日に先行配信され、翌日にはミュージックビデオが公開。曲名については、公式サイトにて《世の中の様々な出来事、何が正しくて、何が間違いと決めつける事は簡単ですが その秤の真ん中でバランスを取る答えや、価値観は お互いの物差しでも大きく変わり 一つじゃないという事を言い得た言葉が 「両忘」という言葉です》《人生で、取り返しの付かない過ちや、間違いを犯しても どんなに後悔する出来事が起こっても ただそれを責めるのではなく、終わりじゃなく そこには何か理由があり いつかまた立ち上がれるという希望を 誰かの声の中から、自分で見つけて欲しい》《誰しも有る、過去への後悔や 痛めた心の場所に この歌が光の様に届くといいなと思います》と解説している。

この時点で、普通ならばもうピンとくるだろう。どこからどう見ても、コンビ揃って犯した〝不倫〟という大罪の釈明にしか見えないのだ。

純愛ソングの裏で不倫…『コブクロ』の歌は響かない!?

ご存知の通り、『コブクロ』の黒田俊介は30代女性と不倫をした末、相手を自殺未遂に追い込んでいたことが5月の『文春オンライン』で発覚。さらに報道では、黒田サイドが東京地裁に出版差し止めの仮処分請求をし、地裁がこれを却下していたことも明かされてしまった。

これにより、黒田には「不倫相手を自殺未遂に追い込んだ上、記事をもみ消そうとした」という何とも格好の悪い称号が残ることに。また、2016年には相方・小渕健太郎にも不倫が発覚しているため、これでコンビ揃っての〝不倫デュオ〟となってしまった。

こうした背景がある中、まるで自分のこととしか思えない《取り返しの付かない過ちや、間違いを犯しても》《ただそれを責めるのではなく》《いつかまた立ち上がれる》《誰しも有る、過去への後悔》といった楽曲説明に、ネット上ではツッコミが殺到。また、

《正当化ご都合ソング》
《何歌われてももう響かない…》
《コブクロもう響かないアーティストになった》
《不倫がチラついて裏があるんじゃないかと思っちゃって もうダメ》
《このタイミングでよくこんなタイトルの新曲出そうと思ったなw》
《純愛ソング好きだったファンは離れて戻らないだろう》

など、もう彼らの曲を聞いても響かないという冷めた反応も続出している。

「残念ながら、彼らのイメージが回復するのはもはや不可能でしょう。彼らの楽曲性は〝いい歌系〟〝清純派〟ですから、落差・意外性という点から、スキャンダルのダメージはお騒がせアーティストよりも大きい。その上、2人揃って不倫という『不倫コンビ』の誹りが免れない状況とあれば、以前のような目で見てもらうなど無理な話です」(音楽事務所関係者)

彼らの代表曲のひとつ『蕾』の歌詞には、《あなたがくれた理由なき愛の証》との一節がある。妻がくれた愛の証を裏切った代償は、とんでもなく重く、大きかったようだ。

【画像】

ronstik / Shutterstock

【あわせて読みたい】